麗澤ジャーナル HOME / 教員一覧

教員一覧

REITAKU
PROFESSORS

韓国のソウル生まれ。外国語に興味があったので、韓国の大学で日本語を専攻しました。卒業後は一時期、会社に勤めましたが、日本語をさらに深く研究したいと思い、日本の大学院に進学しました。大学院では日本語と韓国語の文法や談話機能に関する対照研究を専門とし、日韓両言語間には似ているようで、微妙な相違点が多いことに改めて気づかされました。現在は自分の専攻を生かして、麗澤大学で「日韓対照言語学」「韓国語」などを教えています。

  • 好きな言葉(座右の銘)を教えて下さい。
    好きな言葉は「一期一会」です。
  • 休日の過ごし方や趣味を教えてください。
    韓国ドラマ視聴、読書、買い物など。
  • 1週間の休みと100万円が自由に使えたら、どこで、何をしますか?
    一人旅に出てリフレッシュしたいですね。ギリシャかニュージーランドに行ってみたいです。
  • 過去の1日で、「もう1度やり直せる日」があるとしたら、それはいつで、どうしたいですか?
    特にありません。
  • 大学4年間で「学生に訪れてほしい場所」はどこですか?その理由も教えて下さい。
    どの国でもいいですので、海外に行ってみてください。社会人になったらまとまった休みがとれる時間がなかなかありませんので、大学4年間で、できるだけ多くの国に行って、異文化に触れ、カルチャーショックもたくさん受けてください。そうすることによって逆に日本の良さが分かってくると思います。

  • 大学4年間で「学生に読んでほしい本」は何ですか?その理由も教えて下さい。
    『星の王子さま』。大人になって読んでも心にしみる言葉がたくさんあるからです。
    外国語学部の学生であれば、外国語のスキルを磨くだけでなく、好きな言語の専門書を読んで、その言語に関する専門的知識を蓄えておくのもいいと思います。

一覧へ戻る

資料請求はこちらから
学部情報 入試案内 資料請求 お問合せ