お知らせ

イベント
2012.07.05

英語劇グループ 前期公演のお知らせ

 今年、創設75年となった英語劇グループ。新入生15名を加えた総勢43名のメンバーが、伝統ある団体をより洗練されたものにするため、日々努力を重ねています。先日は、元顧問のギャビン バントック氏がJapan Timesのインタビュー取材を受け、その中で英語劇の魅力を存分に語っていました。その英語劇グループより、記事中でも取り上げられていた前期公演の詳細が届いています。

 バントック氏のインタビューはこちらから閲覧できます。

 ----------------------------------------------------------------------------------------------

私たち英語劇グループは前期公演「The Monkey King」(西遊記)を行います。以下は公演の詳細です。

英語劇グループ前期公演 「Monkey king」 Journey to the West(西遊記)
翻案者:ギャビン・バントック
演出家:マーウィン・トリキアン
日時:7月7日
場所:スモールシアター(学生食堂ひいらぎ横)
時間:17:00~18:30(開場16:30)

 <あらすじ>

西遊記は、中国の有名な古典文学作品であり、日本でも有名な作品である。主人公の孫悟空は、天界で悪行を繰り返していたが、ブッダの導きにより、仏教僧である三蔵法師のお供として、中国からインドへ聖典を持ち帰るための旅に出るのであった。旅の道中で、三蔵法師一行は様々な苦難に直面するが、彼らは力を合わせ乗り越えていく。彼らが旅路の果てに得るものとは…
----------------------------------------------------------------------------------------------

 私たち英語劇グループは、今年の4月に15名の新たな新入生を迎え、総勢43名という大所帯になりました。70年以上の歴史を持つ私たちの団体ですが、日々新たな挑戦を続けています。去年の11月に行った公演「THE TEMPEST」では、180人を超える方々に私たちの公演を観ていただきました。毎度これほど多くのオーディエンスに恵まれることを、この場を借りて感謝申し上げます。上記の公演案内にもありますが、今回私たちは「The Monkey King」(西遊記)という劇を披露します。メンバー一同、多くの方にお越しいただけることを楽しみにしています。