お知らせ

学生生活
2011.01.19|最終更新日:2020.07.27|

【在学生の皆さんへ】インフルエンザに注意

学生課

インフルエンザが流行しています。昨年流行した新型インフルエンザ(A/H1N1)の割合が最も高くなっています。学内でも今後、感染拡大が危惧されますので、次の対応をお願いします。

1.予防方法
①手洗い、うがい、咳エチケット、消毒を心がけてください。
②バランスのよい食事、十分な睡眠をとってください。
③外出時や人の多い場所などでは、マスクなどを着用し感染に注意してください。

熱がある、熱っぽい時は、自宅で安静にしましょう。基礎疾患がある方や高熱が続いたり症状が次第に重くなってくる場合は、医療機関を受診してください。

2.もしインフルエンザと診断されたら
学生課又は健康支援センターまで連絡してください。
学生課          04-7173-3651  
健康支援センター    04-7173-3541
解熱後2日を経過するまでは、自宅待機をしてください。登校・出勤については、医師の指示に従ってください。家族や友達と同居している場合は、別室で過ごしてください。また、食事等は入り口まで届けてもらいましょう。その間、クラブ・サークルやアルバイト、コンパへの参加は禁止です。

3.回復したら
回復後の登校時に医師の診断書は不要です。教務課の窓口で診療明細書(診察精算の際、必ず発行されます)を提示し、公欠の手続きを行ってください。

インフルエンザの潜伏期間は発症前日から数日間ですので、その期間にインフルエンザ罹患者と濃厚接触した方は、一週間程度の体温測定をし、発症してこないかどうか注意深く観察し、その期間は人との接触は最小限にしましょう。

以上