お知らせ

学生生活
2011.01.07

箱根駅伝で本学の船井選手が快走

第87回東京箱根間往復大学駅伝競走の復路が行われた1月3日、本学の船井慎太郎選手(経済学科2年)は関東学生連盟選抜チームの選手として第8区(平塚-戸塚間、21・5キロ)に出場、1時間7分1秒と区間6位に当たる快走を見せ、関東学連選抜の総合順位を18位から17位に上げる大健闘でした。これまで本学の選手が箱根駅伝を走ったのは、いずれも関東学連選抜チームでしたが、船井選手は第82回大会(2006年)の伊藤文浩選手、第85回大会(2009年)の佐野広明選手に次いで3人目になります。
今大会では東洋大学が往路優勝しましたが、復路で早稲田大学が逆転、10時間59分51秒の大会新記録で総合優勝を果たしました。
8区は湘南海岸沿いを走るコース。この日は快晴に恵まれ20チームの選手たちは、母校の声援を受け遠くに烏帽子岩をのぞみながら戸塚中継所を目指して奮闘しました。長身の船井選手は17番目にタスキを受け、元気いっぱい。徐々にスピードアップし、東京農業大学選手ら2人を抜く力走で、15番目に戸塚中継所に飛び込みました。難所の遊行寺坂手前の藤沢橋付近では、本学の応援団が待機。緑色に白地の本学の幟がはためく中を船井選手が通過すると「船井、頑張れ!」と大きな声援が送られていました。

入試情報
WEB出願