お知らせ

教育・研究
2008.06.30|最終更新日:2020.07.27|

言語研究センター 言語科学会との共催ワークショップを開催

6月28日土曜日の午後1時から午後4時半まで,本学の生涯教育プラザにおいて、早稲田大学准教授の北原真冬先生を講師に迎え,オランダで開発されたPraatとよばれる音声解析ソフトのワークショップが行われました。
このソフトは、音声解析ばかりでなく、結果を詳細な図にすることができ、さらにピッチなどを編集できるので、近年注目されています。
セミナーには、遠くは新潟,山形,山口,徳島と全国から55名の参加者がありました。大学別では,本学をはじめ,東京大学,東京外国語大学,東京工業大 学,早稲田大学,ICU,法政大学,学習院大学,茨城大学,静岡大学,京都大学,三重大学,大阪大学,山口県立大学,広島経済大学,新潟リハビリテーショ ン大学院,山形短期大学と17の大学から教員,大学院生および学部生が参加しました。
講習会では,Praatの起動,録音,保存,基本的操作,分節とラベリング,ピッチの分析,スクリプトと分析の半自動化,応用的操作の解説がありました。聴講者からは質問なども多数あり、盛況に終わりました。

熱心に聴講する参加者

北原真冬講師

コーディネーターの玉岡賀津雄教授と