1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 第5代学長 中山理>

第5代学長 中山理

なかやま おさむ 平成19年4月~平成31年3月

第5代学長 中山 理

昭和51年麗澤大学外国語学部イギリス語学科卒業。その後、上智大学大学院英米文学専攻博士後期課程修了、イギリス留学を経て、上智大学博士(文学)学位取得。平成26年「光り輝く『教育立県ちば』を実現するための有識者会議」座長、平成30(2018)年「次世代へ光り輝く『教育立県ちば』を推進する懇話会」副座長を務める。現在、外国語学部・言語教育研究科比較文明文化専攻・学校教育研究科道徳教育専攻教授、道徳科学教育センター長。

主な著書に、“Images of Their Glorious Maker: Iconology in Milton’s Poetry”、ボストン大学との共同研究により英文で発行した“Happiness and Virtue Beyond East and West”<邦訳『グローバル時代の幸福と社会的責任-日本のモラル、アメリカのモラル』>、『読書こそが人生をひらく―「少」にして学び、「壮」にして学ぶ』、訳書として『ユダヤ人-なぜ、摩擦が生れるのか』、『子供を開花させるモラル教育: 21世紀のアリストテレス的人格教育』、『英語対訳で学ぶ日本-歴史と文化の111項目』など、専門の英文学をはじめ日本文化や道徳に関する著書、翻訳書等多数。