Reitaku University International Exchange Center Reitaku University International Exchange Center

Local Reports

留学生現地レポート

アメリカ

セント・マーチンズ大学

ミールプラン

英語コミュニケーション専攻3年 森下 笑菜
2017/12/20 New
  こんにちは、英語コミュニケーション専攻三年の森下笑菜です。私がセント・マーチンズ大学にきて四か月がたちました。今回私はミールプランについて説明したいと思います。私たち麗澤大学の生徒はブロンズというミールプラン費用を払いました。これには一食分ずつ引かれる50のミールクレジットというものと1050ドル分の食べた分だけ引かれるフレックスキャッシュがあります。少ないように見えますが、もう学校生活の終わりを迎えた今でも全然余っています。人によって食べる量や頻度は違うと思いますが、私のように朝が苦手で朝ご飯を普段食べない方は、カフェテリアではなく、寮の売店でフレックスキャッシュを使うことができます。ここにはお菓子やサンドイッチといった食べ物からシャンプーやコンディショナーといった生活用品も売っています。シャンプーやコンディショナーは日本のパンテーンが売られているので女の人も海外のもので髪を痛める心配もないと思います。ですので、まずスーパーなどで買う前にこの売店に立ち寄って売っているものはそこで買ったほうが節約できると思うのでおすすめします。
  カフェテリアの夜ご飯は17時から19時に対してパーソンズは平日の15時から23時までと日曜日の19時から23時までと遅くまでやっているので夜ご飯を食べ過ごしてしまった時などにも使えると思います。ですが、カフェテリアのご飯がおいしくなくてパーソンズのものがおいしいというわけではなく、どちらも同じようなクオリティなので時間があるときはカフェテリアに行っていろんな人と話しながらご飯を食べるのが一番だと思います。カフェテリアには留学生だけでなく、セント・マーチンズの生徒も利用している麗澤でいうヒイラギのようなところなので、現地の人と一緒に食べていろんな話を聞くことができます。私自身は朝なかなかいけなかったので、お昼と夜はカフェテリアに行っていろんな人とご飯を食べました。ミールプランをどのように使い切るか悩むとは思いますが、あまり食事を削らなくても平気だと私は思います。
写真はパーソンズとカフェテリアです。
sub_field

現地レポート 一覧へ