Reitaku University International Exchange Center Reitaku University International Exchange Center

Local Reports

留学生現地レポート

HOME 留学生現地レポート ロストックレポート②

ドイツ

ロストック大学

ロストックレポート②

ドイツ語・ドイツ文化専攻2年 岡野桃子
2019/01/29 New
  私がロストックに来てもうすぐ4ヶ月がたち、やっと雪を見ることが出来ました。ドイツの冬はほとんどが雨か曇りで太陽を見ることもあまりありません。ここでは私が初めて体験した新年と食べ物について書いていきたいと思います。
  ヨーロッパのお正月は日本とは違い沢山の花火が町中で鳴り響きます。私の年越しはロストックで知り合ったドイツ人の方に誘っていただき、ドイツではなくオランダで過ごしました。年を越す少し前から花火が上がり始めます。日本とは違い個人が花火をあげられるので道路に火花が落ちてきて少し危険でした。私は広場のようなところで小さなコンサートを見ながら年明けを迎えました、年が明ける瞬間にはそこにいた人たちでカウントダウンをし大きな沢山の花火がなり始めました十分な距離がある訳ではないので煙や空から灰が降ってくるなどして目がやられました。いつもは家で蕎麦を食べたり神社に行って甘酒を飲んだりしていたので新鮮な体験となりました。外で年越しをするときにはかなり寒いので貼るカイロと暖かい格好をお勧めします、オランダはとても綺麗な街だったのでぜひ行って見てください。
  次に私がドイツに来たら食べて欲しいオススメの食べ物についてのお話をしたいと思います。ドイツ料理と聞いたらシュニッツェルやカリーヴルストなどを思いつくかもしれませんが私がお勧めしたいのはケバブです。まず大きさが日本のケバブの3倍くらいあります。ドイツのケバブは周りがパンのようになっているので少ししっかり目になっています、野菜も沢山入っていますしとにかく美味しいです、一度食べたら何度でも食べたくなります。次に食べて欲しいのがアイスなのですがこれはドイツのアイスではなくイタリアのアイスらしいです。街を歩けば沢山のアイス屋さんを見つけると思います、値段も1つ1.2€くらいで日本のアイスやさんと比べるとかなりお安いです。種類も多く、見たことのない味に出会えると思います。私はチョコミントが大好きでアイス屋さんに行くと必ずと言っていいほど頼みます。チョコミントが好きな人は是非食べて欲しいです。
写真1:オランダで見た花火
写真2:ケバブ
sub_field

現地レポート 一覧へ