情報系ゼミの合同研究発表会を開催
2015.2.4

 今年も1月31日(土)に情報系のゼミの卒論発表会が開催され一般にも公開されました。この発表会は2001年から始まったもので、今回が通算で第13回目の開催となります。広く情報システムや情報ネットワークを用いた研究であれば分野を問わずに参加することができます。数年前からは、3年生も発表できるようになっており、就職活動の際に自分の取り組みをアピールできることもあるそうです。今年度は4年生の発表が7件、3年生の発表が2件の合計9件で、いずれも充実した内容で会場も大いに盛り上がっていたようです。今回初参加となった経済学部の吉田ゼミの学生は、「とてもよい経験になった。これから研究を進めて次回も発表したい」と積極的な発言もあったそうです。

 なお、今回の発表会のゼミのひとつである千葉ゼミの千葉庄寿教授は、現在、客員研究員としてフィンランドのヘルシンキ大学に在籍中のため、Skypeを利用したテレビ会議システムを用意しての遠隔参加でした。日本とフィンランドの時差は7時間あるため午前9時半から午後4時までの発表会は、現地では午前2時半から午前9時となるためネットワークが利用できるホテルに宿泊しての参加となったそうで、発表後の千葉ゼミの集合写真はヘルシンキからの映像を囲んでのものとなったようです。

◆発表プログラム
◆発表論文集
◆配布資料

過去の発表会の様子は こちらから

 

DSC_9454

司会進行の大塚教授

発表の様子

発表の様子

DSC_9446

会場の様子

DSC_9451

テレビ会議システムを使って
ヘルシンキからコメントする千葉教授

image013

講評をする長谷川教授

image007

講評をする吉田准教授

image009

講評をする匂坂助教

最後に千葉先生と

最後にヘルシンキに滞在中の千葉教授と