川久保ゼミ卒論発表会を開催
2015.2.16

2月10日(火)、外国語学部・川久保 剛准教授(専門分野:日本思想史・文化史)のゼミ卒論発表会が開催されました。

以下は、外国語学科日本語・国際コミュニケーション専攻3年の今木崇雄んのレポートです。

----------------------------------------------------------------------------------------------

川久保ゼミのテーマは「日本思想史」ということで、4年生の先輩方は、日本の文化や宗教、歴史、民俗学、又は世界に貢献した日本の先人、日本の抱える問題など、日本に関する多岐に渡るテーマについて発表してくださいました。非常に貴重なお話を9人の先輩方から数多く聞かせていただき大いに勉強になったと同時に、先輩方の研究に対する熱意や、日本の将来を真剣に考え憂う姿勢等から大きな刺激を受けました。また、ドイツ語・ドイツ文化専攻の竹内拓史准教授がお見えになり、4年生の発表に対して温かい励ましのお言葉をくださいました。

今回の卒論発表会には、来年度から「川久保ゼミ生」となる2年生も参加し、皆真剣な眼差しで先輩方の発表を聴いていました。今回のこの会は彼らにとっても非常に良い経験になったことと思います。

この素晴らしい先輩方の意思と伝統を私たち3年生が受け継ぎ、さらにそれに磨きをかけ次の世代に継承し、川久保ゼミひいては麗澤大学が益々発展するよう尽力していこうと思います。

DSC_9531DSC_9541

 

DSC_9551