外国語学部客員教授 鈴木小百合先生による特別講義
2016.4.29

20160425 麗澤大学様31146

 外国語学部日影ゼミ・渡邊ゼミ恒例の鈴木小百合客員教授の特別講義が4月25日(月)に開催されました。海外から来日する映画俳優や監督の通訳を数多く手がける鈴木先生の講義はいつも新鮮で最新の映画情報満載です。今回は『レヴェナント:蘇えりし者』で初のアカデミー賞を受賞したレオナルド・ディカプリオ氏の来日記者会見(3月23日(金))での業務や、鈴木先生が「エンタテイメント通訳」として紹介されている『通訳になりたい!―ゼロからめざせる10の道(岩波ジュニア新書)』松下 佳世 (著)で取り上げられている多種多様な通訳の仕事などについて講義されました。

shot by Jun Sato

[撮影: Jun Sato]

本表紙

 

****************************************************************************

実際に聴講した英語コミュニケーション専攻3年の吉村 沙羅さんからのレポートを紹介します。

 4月25日に外国語学部客員教授であり、通訳・翻訳家の鈴木小百合先生による特別講義が行われました。鈴木先生は、同時通訳・逐次通訳の違いや、会議通訳・ビジネス通訳・放送通訳そしてボランティア通訳など、通訳にも、様々な種類があることを教えてくれました。そしてそれぞれの通訳のコツや大変さなどを語ってくれました。他にも、レオナルド・ディカプリオさんの話す英語、ジョニーデップさんが話す英語を聞き、比較をするなど、英語を学んでいる私たちにとって、とても興味深いお話でした。
 そして、鈴木先生が通訳を行う時のメモの取り方など、貴重なお話がたくさん聞くことができ、通訳の仕事の素晴らしさを知ることができました。