日本人口学会第68回大会を開催<公開シンポジウム「人口政策の成り立ちを考える
〜Linking Past to Present〜」>
2016.6.1

 日本人口学会・麗澤大学共催、廣池千九郎生誕150年記念事業として公開シンポジウム「人口政策の成り立ちを考える~Linking Past to Present~」を開催します。

「少子化・人口減少の危機」に直面した 21 世紀、日本の人口政策はどうあるべきか。 戦前期日本の「産めよ殖やせよ」の時代は、現在ユニバーサルな政策のもとで出生率を回復させた フランスとスウェーデンにとっても、今日まで続く政策の土台を築き上げた時代でした。 なぜ彼らは成功し、我々は失敗したか。長期の歴史に学びつつ、従来の福祉・労働政策的な少子化対策を超える我が国の人口政策を考えます。

<公開シンポジウム> 「人口政策の成り立ちを考える~Linking Past to Present~」
【開催日時】        6月11日(土)15:00~18:40
【組織者】           加藤 彰彦(明治大学)・黒須 里美(麗澤大学)
【座長】              原 俊彦(日本人口学会会長・札幌市立大学)
【開催校代表挨拶】 中山 理(麗澤大学学長・道徳科学教育センター長)
【報告者】          沢山 美果子 (岡山大学)
               大塩 まゆみ (龍谷大学)
          藤田 菜々子 (名古屋市立大学)
               杉田 菜穂 (大阪市立大学)
【会場】             麗澤大学 校舎「かえで」 1503教室
【参加費】            無料

<日本人口学会第68回大会~Linking Past to Present~>
本大会では、公開シンポジウムの他にも、日本が直面する人口問題に迫る様々なセッションがあります。人口にご関心のある皆様には、学会セッションにもオブザーバーとしてご参加いただけます!
【非会員参加費】 1,000 円(学部生は学生証提示で無料)

▼大会プログラムの詳細はこちらから ※外部リンク

公開シンポジウムと、学会セッションのお申込みはこちらから ※申込期間は5月18日(水)~6月8日(水)

申込み期限が過ぎておりますが、当日(6/11)まで申し込みのうえ、お越しいただけます。

 A4チラシ01G拡大版はこちら

A4チラシ02

拡大版はこちら