【開催報告】中学生・高校生向け英語劇ワークショップExpress Yourself in English!(12/17-18)
2016.12.20

平成28年12月17日(土)から18日(日)にかけて、昨年以来2度目となる、中学生・高校生向け英語劇ワークショップを、本学小劇場にて開催しました。

英語劇グループ顧問兼演出家のマーウィン・トリキアン外国語学部准教授の指導の下、また、本ワークショップのコーディネーター田中俊弘外国語学部教授や英語劇グループ学生メンバーの協力の下で、計12名の中学生・高校生が充実した週末を過ごしました。

初日は主にムーヴメントの練習で、体を動かす簡単なゲームの後、舞台上での立ち方や動き方、大きくてメリハリの効いた動作の重要性、そして小道具のもち方や使い方などを学び、その後、3つのグループに分かれて練習して、皆の前でサイレント・パフォーマンスを演じました。

2日目は、午前中は発声、発音、イントネーションの訓練を行いました。たとえば"Yes"一つをとっても、感情の込め方によってイントネーションが大きく異なります。参加者はトリキアン准教授の例に倣って様々な"Yes"を練習しました。それから英語劇グループには縁が深い三幸飯店で皆で食事をした後、午後はグループに分かれて、午前中に覚えた表現を使用しながら短いスキットを自分たちで考え、学生スタッフの助けを借りながら小劇を作りました。トリキアン准教授が、それぞれのラン・スルー(通しリハーサル)をチェックして、修正すべき点を細々指導した後、最後は舞台照明も用いたステージ上で、3つのグループが2日間の成果を披露しました。皆、なかなか堂々とした役者ぶりでした。

終了後、大和室にて懇親の機会を用意しましたが、参加した生徒たちは、口々に充実していた、いろいろなことが学べたと楽しそうに答えてくれていました。また、学生スタッフも、中学生や高校生に指導する経験で学べたことが大きかったとの感想を述べていました。

なお、初日には市立柏高等学校や麗澤中・高等学校の教諭が、そして2日目にはECCジュニア英会話学校の講師が、それぞれ複数名活動を見学されました。そうした先生方からも、非常に興味深い活動で、ぜひ来年もやってほしい、大人用のワークショップも開催してほしいとの声が聞かれました。

終了後の参加者の笑顔が大変印象的な、素晴らしいイベントとなりました。

ご参加・ご協力たいだいた皆さん、どうもありがとうございました!

IMG_1614

練習風景①

IMG_1633

練習風景②

IMG_1654

参加証を手に皆で集合写真

ワークショップ終了後の和室(楽屋)での懇親会

ワークショップ終了後の和室(楽屋)での懇親会