平成29年度消費者支援功労者表彰(内閣総理大臣表彰)に本学の高巖教授が決定
2017.5.2

本学大学院経済研究科の高巖教授の平成29年度消費者支援功労者表彰(内閣総理大臣表彰)が決定しました。

同賞は、消費者利益の擁護・増進のために各方面で活躍されている方々を表彰する制度として消費者庁にて実施されており、同教授は、以下の活動が高く評価され表彰されることになりました。

日本の企業倫理の確立に関する第一人者として、コンプライアンス、事業者の社会的責任に関し多数の企業に影響を与え、企業の社外委員等として、企業のコンプライアンス運営に関与し企業倫理を促進。
内閣府国民生活審議会ほか経済産業省等の消費者関連の審議会委員を歴任し、消費者政策の推進に寄与。
消費者庁の「消費者志向経営の取組促進に関する検討会」の委員、同検討会ワーキンググループの座長として消費者志向経営の推進に貢献。また、企業倫理世界会議(ISBEE)理事、ISO企業社会責任高等戦略諮問会議委員などを歴任し、全米企業倫理コンプライアンス協会 (SCCE)からは「国際企業倫理コンプライアンス賞」を受賞するなど国際的な評価を受けている。

 

 受賞に関する詳細情報は追って紹介させていただきます。