沿革

昭和10年(1935年) 道徳科学専攻塾 開塾
昭和17年(1942年) 東亜専門学校 開校
昭和19年(1944年) 東亜外事専門学校に校名改称
昭和22年(1947年) 千葉外事専門学校に校名改称
昭和25年(1950年) 麗澤短期大学(英語科) 開学
昭和34年(1959年) 麗澤大学外国語学部(イギリス語学科・ドイツ語学科) 開学
昭和35年(1960年) 中国語学科 増設
昭和47年(1972年) 麗澤日本語学校 開校
昭和51年(1976年) 別科日本語研修課程 開設
昭和61年(1986年) イギリス語学科を英語学科に改称
昭和63年(1988年) 日本語学科 増設
平成4年(1992年) 国際経済学部(国際経済学科・国際経営学科) 開設
平成8年(1996年) 大学院 言語教育研究科 日本語教育学専攻/[修士課程:現、博士課程(前期)] を開設
大学院 国際経済研究科 経済管理専攻、政策管理専攻/[修士課程]を開設
平成10年(1998年) 大学院 言語教育研究科 日本語教育学専攻/[博士課程(後期)] を開設
大学院 国際経済研究科 経済・政策管理専攻/[博士課程] を開設
平成11年(1999年) 国際経済学部 国際産業情報学科 増設
平成13年(2001年) 大学院 言語教育研究科 比較文明文化専攻/[博士課程(前期・後期)] 増設
平成18年(2006年) 大学院 言語教育研究科 英語教育専攻/[修士課程]増設
麗澤オープンカレッジ 開校
平成20年(2008年) 外国語学部英語学科、ドイツ語学科、中国語学科、日本語学科を外国語学科に改組
国際経済学部(国際経済学科、国際経営学科、国際産業情報学科)を経済学部(経済学科、経営学科)に改組
平成24年(2012年) 大学院国際経済研究科(経済・政策管理専攻、経済管理専攻、政策管理専攻)を経済研究科(経済学・経営学専攻、経済学専攻、経営学専攻)に改組