キャリア教育科目
推奨年次にあわせてキャリア教育科目を履修します
麗澤大学のキャリア教育科目は自身の将来を考え、日々学んでいる専門性の社会的活用を考えさせるだけでなく、将来どの仕事についても必要とされるコンピテンシーも育成します。

キャリア形成入門推奨年次 3年次

企業研究及びフィールドワーク(企業訪問)の方法を学び、自分自身で実際に研究したい企業を探し、アポイントを取り、インタビューをしていきます。その過程で必要な「企業の選定」「企業へのアポイント」「質問内容の考案」「レポートのまとめとプレゼンテーション」によって、就職活動や社会で必要となる社会人基礎力が育成されます。実際に本科目を履修した学生のコンピテンシーがどのくらい伸びたかについては、以下のグラフをご覧ください。

コンピテンシー全般の変化

コンピテンシー※全般の変化

キャリア形成入門の履修者144名に対して、PROG(標準化された客観的能力測定テスト)による能力の変化を評価したところ、4月(第1回目受験)~7月(第2回目受験)では、コンピテンシー能力が平均値の比較では、伸長していることがわかりました。(2014年度実施)

コンピテンシー9つの中分類の変化
9種の能力すべてがアップ

コンピテンシー 9つの中分類の変化

コンピテンシーの構成要素9種類の能力すべてにおいて、キャリア形成入門科目社履修の能力が、半年間で伸長したことが確認できました。

※能力測定テスト「PROG」(株式会社リアセック)の受験結果より作成。2014年度前期「キャリア形成入門」受験生144名の4月と7月の2回受験者のみ

その他のキャリア教育科目

麗澤スピリットとキャリア推奨年次 1年次

麗澤スピリットとキャリア
建学の理念である「知徳一体」を学び、考え、行動することで、大学での学びを充実させ、社会で本当に活かすことのできる知識を身につけます。
建学の理念を学び、フィールドワークを通して
学生生活や大学での学びを充実させることをめざす。
  • 大学の理念と創立者の想いを知る
  • 4人1組のチームでテーマを決め、フィールドワーク
    チームビルディング など

ジェンダーとキャリア形成

ジェンダーとキャリア形成
女性を中心とした多様なワーキングモデルを理解し、男女共同参画社会におけるキャリア形成を考えながら将来の中長期的なキャリア(人生設計)に活かします。
多様なキャリア形成と男女共同参画社会のあり方を理解
  • 働く女性へのインタビュー
  • 女性労働とジェンダーの歴史
  • 卒業生や外部講師による女性の働き方に関する講義 など

キャリア形成研究推奨年次 3年次

キャリア形成研究
就職活動の模擬体験を通して自身の進路形成と、表現能力の向上を図る。
進路の方向性を決定し、自分のことを堂々と表現できるようになる
  • 就職環境の現状 業種・職種研究
  • 就職活動の選考シュミレーション など

キャリア形成演習推奨年次 3年次

キャリア形成演習
履歴書の書き方や面接でのプレゼンテーションの仕方などを学ぶ、就活に直結した実践的な内容。学生それぞれの就活をどこまでもサポートします。
自己表現力やプレゼンテーション能力の向上
  • 自己分析 履歴書・エントリーシートの書き方
  • 面接トレーニング 業界・企業研究
  • 総合プレゼンテーション など