新たな学生寮へ 未来を見据えたコンセプト -New Concepts of our Global Dorm-

本学のカリキュラム・ポリシーとディプロマ・ポリシーの基礎をなす教育理念は、専門的な真のグローバル・リテラシー(国際的対話能力・知識活用能力)と高い公共性・倫理性を併せもち、実社会から強く求められる有為な人材の養成です。恵まれた環境の中で、師弟同学(教師と学生が共に学び合う姿勢)を大切にし、世界の人々から信頼される品格を身につけた人材を育てたいというのが本学の願いですが、このGlobal Dormitoryもその一翼を担うものとして役割を果すものです。

それからもう一つ、創立時の学生寮と現在の本学のGlobal Dormitoryとの大きな違いは、寮生の約半数が留学生であり、人間交流の輪が国境を越えて広がっているということです。
この現状を踏まえて、Global Dormitoryを「国際的な『学び』の寮」、つまり学生各自がそれぞれに国際的な感覚を養い、人間性を高める学びの場として意義づけています。

Global Dormitoryは、歴史と伝統を誇る麗澤教育の中心的機能を尊重しつつ、グローバル化を迎えた21世紀の大学教育にふさわしい"Global Learning Community"(国際的な「学び」の共同体)の形成をコンセプトとしました。

学生寮 "Global Dormitory"について