第4回 「光ヶ丘 ペタンクリーグ 春季大会」が開催
2013.5.21

「ペタンク」は、2010年開催の千葉国体において、柏市でデモンストレーション・スポーツ行事として開催されて以来、柏市民の間で親しまれてきたスポーツです。本学と光ヶ丘商店会はいち早くこの生涯スポーツを取り入れ、子どもからお年寄りまで幅広い方々に親しんでいただいてきました。

この度、本学と光ヶ丘商店会による地域連携事業の一環として、快晴の中で第4回目となる「光ヶ丘ペタンクリーグ 春季大会」が開催されました。当日のゲームは14チーム42名の出場者を得て、3つリーグに分かれて楽しんで交流することができました。なお、今回も本学ボランティアサークルRefreeによる運営がなされました。

開会式ではチーム紹介を行いました

ゲームの前に皆でラジオ体操


今回のイベントを担当された学生からのレポートを紹介します。

--------------------------------------------------

的をめがけて鉄球を投げる

平成25年5月12日に第4回光ヶ丘ペタンクリーグを開催しました。当日は日差しが強く、真夏のようなお天気のもと、たくさんの方々にご参加いただきき白熱した大会が繰り広げられました。

今大会には、麗澤大学の留学生や柏市ペタンク協会の皆さんもご参加くださいました。ペタンク協会の方々からは、普段プレーするときには見ることの出来ないハイレベルなペタンクの技を見せていただき、大いに大会を盛り上げてくださいました。


ゲームを通じて、ペタンクのルールや投げ方のコツなどを教わりながらお話のきっかけが生まれることが改めてわかりました。また、「生涯スポーツ」というだけあってルールは簡単なので、初心

優勝は柏ペタンク協会の「あっこちゃん」チーム

者の方もベテランの方も、大きな差がなく楽しむことができるスポーツだと、今大会を通して再確認することができました。

このスポーツはまだまだ認知度が低く、参加者集めなどに苦労する部分があります。しかし光ヶ丘地域に根付かせて、人々の輪を広げられるものにしていきたいと思います。これからも広報活動に力を入れ、明るく楽しい光ヶ丘地域になるよう、工夫し続けていきたいと思います。

麗澤大学外国語学部 国際交流・国際協力専攻3年 竹田如月