平成26年度 留学生歓迎懇親会を開催しました
2014.4.28

麗澤国際交流親睦会(RIFA)の皆さん

平成26年度留学生歓迎懇親会が4月25日(金)、ご来賓に奨学金団体、国際交流団体、高等学校の先生方などの皆様をお招えし、Reitaku Student Plaza "はなみずき”にて開催しました。
今年も世界16の国・地域から 135名(3/25現在)の新しい仲間を迎え、麗澤国際交流親睦会(RIFA)の学生らも多数参加して、国・地域を超えた和やかな交流が繰り広げられました。


最初に小野宏哉 麗澤大学 副学長より歓迎の言葉が述べられた後、来賓紹介があり、新入留学生を代表してウドムスック スリントーンさん(ラオス出身)からスピーチがありました。スリントーンさんは「一年間の目標は、日本語能力を向上させることです。別科日本語研修課程での一年間、一生懸命頑張ります。また、日本文化への理解を深め、いろいろな国の友人と交流したいです。ラオスへ帰ったら、日本での経験を役立てたいです」とスピーチしました。

新入留学生代表スピーチ

犬飼 国際交流センター長


その後、犬飼孝夫 国際交流センター長の乾杯発声と続き、会場のテーブルには美味しい料理が並べられ、食事をとりながら歓談する輪がいくつもできました。

食事の後、「留学生の紹介」と題して、ラオス、ミャンマー、ドイツ、中国(香港)、ベトナム、アメリカ、韓国、マレーシア、タイ、台湾、中国、ブータン出身の留学生達が前に出て、それぞれの言葉を交えながら、挨拶がありました。続いて、恒例となった麗澤国際交流親睦会(RIFA)の紹介と歓迎の意を込めた出し物(ソーラン節)があり、会場は大いに盛り上がりました。最後に校歌を合唱、参加者全員で記念撮影をして、お開きとなりました。

アメリカ出身の皆さん

マレーシア出身の皆さん


麗澤国際交流親睦会(RIFA)の代表・佐藤智之さん(経済学科3年)は「留学生の皆さんは日本語が上手ですね。この日は和気あいあいとした雰囲気で、とても良かったと思います。私自身も留学生の皆さんと知り合いになることができて、交流の輪が広がりました。今後もいろいろなイベントを通じて活動していきますので、留学生のみならず、日本人学生にも積極的に参加してほしいですね」と語ってくれました。

 _4250162トリミング