ミクロネシア・プロジェクト Japanesia 始動②
2014.5.9

ミクロネシア大使館1[1] 昨年度、外国語学部の自主企画ゼミナール制度を利用し、学生有志がミクロネシア自主企画研修を実施しました。
その意志を受け継いだ後輩たちが、第2期となる「Japanesia」を立ちあげました。

 今夏のミクロネシア訪問を目指し、現地関係者との交渉や事前学習を開始しています。
その事前学習のひとつ、南部クリーンセンターと柏市のリサイクルセンターへの見学に引き続き、ミクロネシア大使館の訪問について、メンバーからの報告を紹介します。

 ※南部クリーンセンター、柏市リサイクルセンターへの見学についての報告はこちらからご覧いただけます。

★☆★

 ジョン・フリッツ大使はとても気さくな方でミクロネシア連邦のアットホームな国民性を強く感じました。
流暢な日本語でとても真剣に大使館の活動や日本への想いを語っていただき、良い刺激を受けました。その中でも「民間外交」という言葉がとても印象的で、日本とミクロネシアの関係をよりよく末永く続けていくために、日本の子どもたちにミクロネシアのことを知ってもらう活動を推進していきたいと何度もおっしゃられていました。
 私たちがこのミクロネシア研修を継続的に行っていきたいと考えたのも両国間には深い関係があると感じたからです。日本とミクロネシアの学生が現地で共にプロジェクトを行うことにより若者同士の繋がりを強め、両国間の関係がよりよく築かれ、続いていくことを理想とし、活動していこうと改めて認識する機会になりました。