第5回ホスピタリTeeプロジェクト(浅草、6/13)に参加者90名超!!
2015.6.16
 
ホスピタリTee①(全体写真)

昨年8月以降、着実に参加者の輪が広がっている「ホスピタリTeeプロジェクト」の第5回目(今年度初)の活動を、6月13日(土)午後に浅草で実施しました。

ホスピタリTee②(佐藤先生)

 「お手伝いできますよ」と英語で書かれた揃いのTシャツを身につけて、外国人観光客のサポートをする活動です。外国人が気軽に助けを求められる雰囲気作りをしていきたい、そんな思いから始まった企画が、ますます支持を得て、より多くの参加者を集めています。

今回は、麗澤大学の学生と教職員を中心に、麗澤高校と市立柏高校の生徒さんたちにも大勢加わっていただき、参加者が90名を超える大イベントとなりました。大学生や高校生、そして津田塾大学の大学院生2名を含む一般参加者が、教職員や関係者と共に、いくつものグループに分かれて、外国人観光客に積極的に話しかけ、写真を撮ってあげたり、道案内をしたり、あるいは、おしゃべりをして一緒に写真に写ったりと、浅草寺や仲見世周辺を中心に、梅雨の晴れ間の暑い半日に充実の時間を過ごしました。

ホスピタリTee③(麗澤高校)
ホスピタリTee(市立柏高校)
 

大学教員では、このプロジェクトの運営を担っている田中俊弘教授(外国語学部)と吉田健一郎准教授(経済学部)の他、外国語学部の望月正道教授、アンドリュー・マクノートン准教授、佐藤良子講師、そして経済学部の篠藤涼子助教が、入試・広報グループの職員と共に、活動を支えました。

ホスピタリTee④(麗大生)
ホスピタリTee(麗大生②)

なお、今回は、田原町駅至近の台東モラロジー事務所を、会議室として使用させていただきました。同事務所長の澤政利様、そして当日お付き合いいただいた小林正人様のご厚意なしには、このような大規模なイベントは支えきれなかったでしょう。

すでに、これまでもホスピタリTeeプロジェクトのfacebookサイトには、ご案内をした外国人観光客からの嬉しいコメントがアップされていますが、今回もそのような反響を期待しています。

活動の様子は以下のサイトやfacebookページでもご覧いただけます。

http://www.hospitali-tee.com
https://www.facebook.com/pages/Hospitali-Tee-Project/1609977645896413?pnref=story

次回の開催は、8月末もしくは9月を予定しています。ますます多くの参加者がこのプロジェクトに関心を持ち、参加してくれることを願っています。

前回第4回の実施報告はこちら