「プロジェクト・プラス2.0」募集のお知らせ
2015.10.2

5年前に始まった「プロジェクト・プラス」は、今年度から、「プロジェクト・プラス2.0」として再スタートします。外国語学部国際交流・国際協力専攻では、社会的な課題の解決につながり、かつ、大学生でも実施可能なプロジェクトの提案を募集します。奮って応募してください(応募できるのは、在学生に限られます)。

 

1. 募集する内容

国内外の社会的な問題(被災地、高齢化、過疎化、地域の空洞化、貧困化・格差拡大、環境破壊等)の解決に資するような政策またはプロジェクトの提案を募集します。自分たちで企画し、自分たちで実施できる、学生らしいプロジェクトを高く評価します。
たとえば、次のような提案が考えられます。
・町(村)おこし、地域(経済)の活性化に関する提案
・募金、その他人々の善意やボランティア精神を動員する方法、目的に関する提案
・NGOの活動、またはNPO法人、社会的企業の設立に関する提案
・被災地や貧困地域の支援に関する提案

2. 応募資格

 学部を問わず、麗澤大学に在学する学生なら誰でも応募できます。ただし、1チーム4名を限度とします。1名でも応募できます。

3. 審査の種類

書類審査(一次審査)
プレゼンテーション審査(二次審査)

4. 審査の基準

書類審査、プレゼンテーション審査ともに、次の要素を考慮し、審査します。
①実施可能性、②妥当性(コーズ、ニーズ)、③独創性、新規性

5. 応募方法

A4サイズの用紙1枚に、以下の事項を記載し、下記に提示した応募先に、メール添付で送ってください。書式は指定しません(MS-Word文書であることが望ましい)。
・応募チームの代表者1名の名前、学部、学年、専攻、携帯/PCメールアドレス(連絡先)
・(チームで応募の場合)代表者以外のメンバーの名前、学部/学科、学年、専攻
・提案するプロジェクトの概要(1,000字以内)

募集要項はこちら

6. 応募先(書類送付先)

iec@reitaku-u.ac.jp

7. 応募締め切り

2015年11月24日(火)必着

8. 賞品

最優秀賞 1組  10万円相当のプロジェクト実施奨励金
優秀賞  2組  5万円相当のプロジェクト実施奨励金

「実施奨励金」とは、プロジェクト実施のための経費等に使用することを目的とした資金という意味です。