谷川の魔法~大成功のオリエンテーションキャンプ2016
2016.4.11

本学外国語学部の英語二専攻では、入学して間もなく実施される二泊三日のオリエンテーションキャンプが伝統となっています。

本学創立者・廣池千九郎に縁のある群馬県谷川温泉近隣のホテルに、教員・上級生スタッフ・新一年生の総勢200名以上が集合し、本学のルーツや教育理念についての学びを深めるプログラムをはじめ、上級生スタッフが新一年生のために考えた様々なレクリエーションによって交流を深め、新しい学生生活への不安を吹き飛ばしてしまうような多彩なプログラムから構成されています。

帰路に着くころには、全員がすっかり仲良しになっているという「谷川の魔法」とも呼ばれる一大イベントです。

「入学式の午後から、何だかテンションの高い先輩たちによってグループに分けられ、英語で小劇をやるからといきなり言われて準備をし、谷川の3日間も盛りだくさんで・・・。そうこうしているうちに、皆の顔つきが変わって、お互いみんな「仲間」になっている。麗澤の英語専攻の学生の顔になっている。」

これまでの卒業生たちも、こうして麗澤の英語専攻の一員になってきました(笑)。

このキャンプを支えているのは、24名の上級生スタッフたちです。2016年も素晴らしい仕事ぶりでした!

アルバイトもせずに、春休みに毎週何回も集まって、このオリエンテーションキャンプのためのプログラムを作り上げていきます。準備にかけている時間とエネルギーは相当なモノです。

テンション高い仮面を被りつつも、その下では緊張に震える上級生スタッフたちを、いつも見てきました。反省会でお互いに飛び交う厳しい指摘。どうしたら一年生を笑顔にできるのかと本気で悩み、うまくいかなかったときは悔しくて涙を流し、大成功したときはうれしくて涙を流し・・・。求められるものは、周辺への配慮、フレキシブルな対応能力、周囲を明るくする元気さ、そして緊張を和らげるための一発芸(?)などなど。放っておいても盛り上がれるタイプの新入生と一緒に騒ぐのは簡単だけど、そうではなく、集団にうまく飛び込めない後輩のケアを真剣に考えられる優しさ・・・。この二泊三日のオリエンテーションキャンプは、上級生スタッフが人間として成長する機会でもあります。

歴代の谷川スタッフがずっと大切にしてきた大事なものが、今年のスタッフにも確実に引き継がれています。それは、新一年生を麗澤の仲間にする魔法です!

谷川の魔法使いたち、どうもありがとう!!今年も最高のオリエンテーションキャンプでした!!

 

IMG_2157    IMG_2161