本学学生が麗澤中学・高等学校主催グローバルセミナーで講演
2017.7.5

7月4日(火)に、外国語学部 国際交流・国際協力専攻(通称・IEC)の櫛山万葉さん(4年)が本学と同一法人である麗澤中学・高等学校主催のグローバルセミナーにて講演者、パネラーとして参加しました。

 麗澤中学・高等学校主催のグローバルセミナーは「世界に対する興味を喚起することと進路選択のための情報収集」を目的に、国際性に力を入れている大学の教職員をお呼びして講演やパネルディスカッションをReitaku Student Plaza「はなみずき」で行いました。

講演では「各大学学部が取り組むグローバルの今」をテーマに各大学(上智大学、国際教養大学、立命館アジア太平洋大学)の教職員に交じり、本学の櫛山さんが唯一学生として麗澤中高生や保護者、約50名の方々にお話をしました。

櫛山さんは自身が大学で経験した秋田県の限界集落でのボランティア活動、「減災教育」をテーマにしたネパールでの支援活動について説明し、中高生に向けて大学生が感じるグローバル人材について、また一歩踏み出すことの大切さを伝えました。

パネルディスカッションでは「次代の世界に求められるグローバル」をテーマに、各大学の教職員に交じり大学生の視点でご自身の意見を分かりやすく中高生に伝えました。