学生による国際交流イベントを企画運営~英語で日本のポップカルチャーについて議論する~
2018.5.7

 本学は、 国際交流の取り組みの一環として、 学生が主体となりアメリカのミドル・テネシー州立大学からの留学生との国際交流企画を実施します。
 麗澤大学とミドル・テネシー州立大学(アメリカ)は2012年より提携を結んでおり、 今までに5名の留学生を受け入れ、 3名を派遣するなど、 交換留学も定期的に行っています。
 今回は研修としてミドル・テネシー州立大学より学生11名が来学することになりました。 11名の学生は日本に興味はあるものの、 日本について学んだことの無いメンバーが多数を占めており、 この研修を通して日本の文化に触れ、 身近に感じてもらうことを目的としています。 今回5月11日(金)より約1ヶ月間、 研修のため麗澤大学の敷地内にある研修寮に滞在します。 滞在中には、 麗澤大学の学生で構成された5名のサポートメンバーによる、 国際交流企画として浴衣の着付け体験や日本のポップカルチャーをテーマにグループディスカッション(言語:英語)を行なうなど、 さまざまなイベントを企画しています。 サポートメンバーのリーダーを努める外国語学部 英語・英米文化専攻(現在の英語・リベラルアーツ専攻)4年の山口哲平(やまぐち てっぺい)さんは、 「この国際交流は一度しかない貴重な機会だからこそ、 互いの文化を共有し、 楽しみながら学び合える会にしたいです。 」と意気込みを語っています。
 より多くの国際交流の場を設け、 学生が主体となって活動の幅を広げることで、 有意義な学びとなることを期待しています。


<概要>麗澤大学&ミドル・テネシー州立大学 国際交流企画
日程: 平成30年5月11日(金)~6月12日(火)
内容: レクリエーション・グループディスカッション・浴衣の着付け体験 など
麗澤大学サポートメンバー(5名):
 外国語学部 英語・英米文化専攻(現在の英語・リベラルアーツ専攻)4年 山口 哲平 ・ 沼田 愛美
 外国語学部 英語コミュニケーション専攻3年 平野 友美 ・ 村田 汐莉
 外国語学部 英語コミュニケーション専攻2年 宮本 駿貴

 

企画コーディネーターについて】
片山 大輔(かたやま だいすけ)
麗澤大学 大学事務局 グローバル戦略室 主任。 キャンパスの多国籍化をめざし、 北欧やアフリカなどを含めた世界約30の国・地域から留学生を受け入れ、 さまざまな言語や文化が行き交うキャンパスづくりに努めている。