教職課程における教員養成の状況についての情報公開

1.教員の養成の目標及び当該目標を達成するための計画に関すること。

本学では、「知徳一体の教育」という建学の精神に基づき、仁愛の精神の上に、教育についての見識と各専門教科の知識・技術をもって、我が国の学校教育に貢献できる人材を育成することを教員養成の理念としている。

  1. 教職の意義および教育の基礎理論に関する科目を教授することによって、教職についての理解と教育についての見識を深めさせる。
  2. 教育課程および指導法に関する科目を教授すると共に、各学部・研究科の協力を得て教科に関する科目を教授することによって、高い授業実践能力をもった教員の卵を育成する。
  3. 生徒指導および教育相談に関する科目を教授することによって、仁愛の精神をもって生徒の生活上の諸問題に対応できる教員を育成する。
  4. 本学の創立者である廣池千九郎が提唱した「道徳科学」をもとに、生徒に対する道徳教授法を展開する「道徳教育の研究Ⅰ」「道徳教育の研究Ⅱ」を設置し、本学教職課程履修者全てが修得し、道徳教育推進教師や道徳主任を将来的に担える教員の育成をめざす。
  5. 事前・事後指導および訪問指導を含めて教育実習を円滑に実施することによって、総合的な教育実践能力を高めさせる。
  6. 教育実習を終えた者が履修する「教職実践演習」において、在学中の教職課程での学びを振り返り、成果と課題を明らかにしたうえで、学級経営を土台にした生徒の人間形成に資する教育実践力の実力を診断させる。
  7. 教員免許状の実質は大学による単位認定であることを踏まえ、学生指導および単位認定を厳格に行うことによって、本学卒業者が取得する免許状の質を高める。

2.教員の養成に係る組織及び教員の数、各教員が有する学位及び業績並びに各教員が担当する授業科目に関すること。

教員養成に係る組織及び教員の数

教員の養成に係る組織

教員養成に係る組織

3.教員の養成に係る授業科目、授業科目ごとの授業の方法及び内容並びに年間の授業計画に関すること。

4.卒業者の教員免許状の取得の状況に関すること。

中学専修免許状 高等学校
専修免許状
中学一種免許状 高等学校一種免許状 合計
英語 国語 社会 英語 国語 社会 英語 ドイツ語 中国語 国語 社会 英語 ドイツ語 中国語 国語 公民 情報
2015年度 0 0 0 0 0 0 18 0 0 4 6 17 0 0 2 5 - 52
2014年度 3 0 0 3 0 0 27 0 0 3 3 23 0 0 3 2 - 67
2013年度 1 0 0 1 0 0 27 0 0 2 2 25 0 0 1 3 - 62
2012年度 1 1 0 2 1 0 19 0 0 1 4 19 0 0 0 5 1 54
2011年度 1 0 0 1 0 0 14 0 0 3 4 15 0 0 4 5 1 48

5.卒業者の教員への就職の状況に関すること。

学校種別学校教員就職状況

中学校 高等学校
国立 公立 私立 国立 公立 私立
2015年度 正規採用 0 1 0 0 1 0
その他 0 0 0 0 0 1
2014年度 正規採用 0 2 0 0 1 0
その他 0 0 0 0 4 1
2013年度 正規採用 0 1 0 0 1 3
その他 0 4 0 0 1 4
2012年度 正規採用 0 0 0 0 0 0
その他 0 5 2 0 1 4
2011年度 正規採用 0 1 0 0 1 0
その他 0 1 0 0 1 0

6.教員の養成に係る教育の質の向上に係る取組に関すること。

教職シンポジウムの開催

教員養成は在学生だけを対象とした取り組みにとどまらず、卒業生への対応も含めたものとしていくことで、大学として教員の成長をともに支えるような取り組みをしていくことを目指す。また参加した卒業生同士や在学生とのタテ、ヨコのつながりができ、ネットワークが構築されることでの相乗効果が期待されるとともに、在学生においても、教職を学ぶ上での意識向上につなげている。