グローバル人材育成専攻
これからの時代に欠かせないグローバルな経済人の育成を目指し、英語による専門講義と多彩な留学プログラムを備えた、海外志向の方のための専攻です。
単なる語学力を超えた、「世界に通用する人間力」を手にしてください。

専攻の特色

全員が、必ず留学。世界で活躍できるエコノミストを育てる。

入学したらパスポート取得。
留学レベルの語学力をまずは全員が身につける。

世界を舞台に活躍する経済人を育てることが、この専攻最大の目標です。卒業までに全員が最低でも2〜3週間の短期留学ができるよう、入学直後に全員がパスポートを取得。まずは徹底的に英語力を鍛えます。基礎クラスは高校英語の復習からスタート。専門留学を目指すスーパーグローバルコース(Sコース)は全授業を英語で行い、この専攻全員が1年でTOEICの点数100点超アップを実現しています。

単なる語学留学でなく、経済・経営学の授業を英語で受ける正規留学を目指す。

英語の学習は、世界で活躍するための基礎固めに過ぎません。この専攻では、経済学や経営学などの専門講義を英語で受講できますので、海外の大学で経済学を学ぶ正規留学を視野に、「英語で世界経済を語る力」を獲得してください。「グローバル経済・経営フィールド演習」など、国内外のグローバル企業でインターンシップを体験する授業も多数。本物のグローバルビジネスを、存分に吸収してください。

多彩な教授陣とともに国際感覚と人間性を磨く。
真にグローバルな人材を育成。

現代の“グローバル”は、アジア、アフリカ、イスラム圏など、あらゆる地域の人々との交流が必須です。この専攻には世界各国出身の教授と留学生がおり、専攻そのものがグローバルな雰囲気。留学先もアメリカ、カナダ、オランダ、オーストラリア、フィリピン、シンガポール、マレーシアなど多彩です。さらに道徳を基盤に置いた本学独自の経済学により、多様な国の人々と信頼関係を築くことのできる人材を育成します。

科目例

科目例1

国際経済の基本を、現実から学習。

【国際経済学B】

社会でも役立つ知識を学ぼう。

国際経済学の基礎知識と基礎理論を身につけ、世界で起きている様々な経済問題の背景を考えていきます。まずは過去30年間に世界経済で生じた事例を検討・分析し、現在私たちが直面している国際経済上の問題に取り組んでいきましょう。「国際収支とは何か」、「為替レートはどのように決まるのか」、「国際的な資金の移動や不均衡のメカニズムとは」など。
実際の事象を素材とすることで、生きた国際経済を学ぶことができます。社会でも必ず役立つ知識と考え方を身につけられる専門科目です。

ラウ シン イー 教授
  • ラウ シン イー 教授

科目例2

英語を聞く・話す基礎力を養う。

【Business English B】

リラックスして学びながら英語を話す自信を持とう。

リラックスして、楽しく真剣に英語の「話す」「聞く」力を高める授業です。身近な話題からスタートし、マーケティングや会計、経理など、ビジネスにまつわるコミュニケーションができるよう、毎週20の新しい単語を覚え、語彙を増やしていきます。TOEICテスト対策として、「健康」「外食」「家」「買い物」といったトピックの英語表現も学びます。楽しく学ぶことに特に力を入れているため、クラスは少人数制。
英語に苦手意識を持っていた人でも、英語を話す自信を手にできます。

ラフ, P.A. 教授
  • ラフ, P.A. 教授

科目例3

元外交官とマーケティングを学ぶ。

【Marketing A・B】

グローバル時代に求められる高度なマーケティングを学ぼう。

かつて日本は世界第2位の経済大国として、家電や自動車などのトップ・ブランドを占めていました。しかしバブル崩壊後の30年で完全に失速。品質だけでモノが売れる時代でなくなった今、異文化・異言語を持つ世界中の顧客とのコミュニケーション、つまり最高度のマーケティングが必要不可欠ですが、日本の現状はとても十分とは言えません。では、どうすべきでしょうか。18年におよぶ外交官経験を持つ先生をリーダーに、討論型の授業で最先端のマーケティングを学びましょう。

八木 エドワード 教授
  • 八木 エドワード 教授

在学生の声

どの有名大学にも負けない学びのチャンスの宝庫です。
  • 草薙 進二

    草薙 進二
    経営学科(国際ビジネスコース) 4年
    東京都・私立足立学園高等学校出身

  • 高校時代から英語が好きで、大学では「英語で経済や経営を学びたい」と考え、それにぴったりのこのコースを選びました。しかし少人数クラスで授業はほぼすべてが英語、プレゼンも週に2回は行うという環境で、最初はついていくのがやっとでした。厳しく鍛えられたお陰で、1年間でTOEIC の点数が180点もアップ! 2年次から3年次の9ヵ月間、アメリカのミドル・テネシー州立大学への留学も実現できました。印象的だったのは、白人、黒人、アジア人、イスラム教徒など多彩な出身のクラスの仲間たちが異文化に強い興味を持ち、積極的に学んでいたことです。相手のバックグラウンドまで理解して、初めてグローバルな人材なのだと実感しました。
    麗澤大学は、どんな有名大学にも負けない学びのチャンスの宝庫です。大きく成長できますよ。

    私の履修科目 〔3年次/1学期〕

    履修科目

「全米模擬国連大会」でワシントンへ。世界で戦う厳しさを!

国際的な課題を英語で討議する「全米模擬国連大会」という学内の活動に参加しており、1年次の秋に世界の大学生が集まるワシントンD.C.での大会に参加する機会がありました。3日間ぶっ通しで英語力を駆使し交渉し続ける海外学生のパワーに圧倒され、「今の自分が世界で活躍できるわけがない」と痛感。毎日が修行です。

麗澤ジャーナル グローバル人材育成専攻 リアルストーリーはこちら