取得資格・将来の目指せる進路
経済学部でさらにレベルアップしたいあなたへ

取得可能資格

学科 免許状の種類 免許教科
経済学科 中学校教諭一種免許 社会・保健体育※
経営学科 高等学校教諭一種免許 公民・保健体育※

資格取得サポート科目を開講している主な資格・試験

支援体制

経済学部では、理念や目標を持って勉強に取り組めるよう、「資格取得支援科目」を設けてサポートしています。これらの資格はすべて合格のための授業が用意されています。また、合格者には受験料の半額を補助しています。
資格・試験 内 容
TOEIC®600点以上 英語による国際コミュニケーション能力をスコアで評価する試験です。
ファイナンシャル・プランニング技能士(FP)3級・2級 金融資産やライフプランに応じた貯蓄・投資、不動産購入、保険などのファイナンシャル・プランの立案・相談に必要な技能を検定する試験です。
経済学検定試験「EREミクロ・マクロ」 全国規模で経済学の数理的・理論的な基礎知識の習得程度と実体経済での応用能力のレベルを判定する試験です。
税理士試験(会計科目・税法科目) 税理士となるのに必要な学識およびその応用能力を有するかを判定する国家試験です。
日商簿記検定試験3級・2級・1級
全経簿記能力検定2級・1級・上級
企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能を検定する試験です。
BATIC(国際会計検定) 国際ビジネスの共通語となっている国際会計のスキルを英語で身につけることを目的とする検定試験です。
ITパスポート すべての職業人が共通に備えておきたい、ITに関する基礎知識を測る国家試験です。
基本情報技術者試験 システムエンジニアへの入門的な試験で、経済産業省が主催する国家試験です。
ネットワーク接続技術者全種 情報通信機器やネットワークなどのスペシャリストとしてIP技術の現場で活躍できる人材のための試験です。
デジタル技術検定3級・2級・1級 情報処理から制御まで「デジタル技術」を中心としたコンピュータ系の試験です。
スポーツリーダー 地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、基礎的なスポーツ指導や運営・経営のための試験です。
アシスタントマネジャー 総合型地域スポーツクラブなどにおいてクラブマネジャーを補佐し、クラブ運営・経営のための諸活動をサポートするための試験です。
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト):スペシャリストレベル、エキスパートレベル
  • 中小企業診断士
  • QC 検定3級
  • 認知症予防ファシリテーター2級
  • レクリエーション・インストラクター
  • BLS(一次救命処置)

将来の目指せる進路イメージ

経済学科

経済専攻

公務員(都道府県・市区町村・警察・消防)、銀行、証券、建設・不動産、各地域の農業協同組合 など

グローバル人材育成専攻

メーカー・商社・国際輸送・旅行などのグローバル企業、国連等の国際機関 など

経営学科

経営専攻

起業家(ベンチャー)、経営者、管理職、企画職、営業職、メーカー・商社・IT企業 など

会計ファイナンス専攻

地方銀行、信用金庫、証券、生命保険、損害保険、税理士、国税専門官 など

スポーツビジネス専攻

各種プロスポーツクラブチーム、スポーツイベント企画運営会社、スポーツクラブ、介護福祉団体 など

資格取得者へインタビュー

アメリカへの長期留学で現地学生と一緒に受講。刺激を受け、英語のレベルアップにつながりました。

留学をきっかけに、TOEFL®のスコアがアップ
英語力の向上に一番役立ったと感じるのは、3年生後期からアメリカ・マレー州立大学に長期留学したことです。TOEFL®で一定のスコアをクリアできたことで、必須の語学留学プログラムに加え、現地の学生と一緒の授業にも参加することができました。この経験が自分にとって大きな刺激となりました。
留学以外でも、日々の授業でネイティブの先生から生きた英語を教わることができたのが良かったと思います。しかも少人数クラスというのが魅力。わからないところは何度でも質問できましたし、先生も毎回、丁寧に教えてくださいました。いつも課題には苦労しましたが、真面目に取り組むうちに自然と、自分の考えを英語で伝える力がついてきたと思います。クラスの仲間と切磋琢磨しながらプレゼンテーションの練習に取り組んだことも、英語力UPにつながりました。せっかくレベルアップした英語力を持続させたいので、卒業後もTOEIC®やTOEFL®への挑戦を続けていくつもりです。将来、大学で培った英語を活かして人の役に立ちたいですね。
伊藤 沙良
  • 伊藤 沙良
  • 2016年3月 経営学科 国際ビジネスコース卒
  • 東京都・私立江戸川女子高校出身

日商簿記検定1級に合格後、簿記論と財務諸表論に合格。めざすは税理士5科目制覇。

税理士めざして大学院進学!
簿記2級の合格をきっかけに、簿記1級の取得をめざすことを決めました。1級にもなると、「取引」の幅が広がり、ありとあらゆる取引が出題されます。その一つひとつについて、簿記以外の授業で学んだことが大変役に立ちました。例えば、デリバティブ(金融派生商品)取引や企業年金の金額算定などはファイナンスの科目で学んだことが合格につながったのだと思います。また、会計学の理解が深まるとともに、簿記の問題を解くスピードも高まりました。理論と簿記を同時に学ぶことによって、合格への確かな手ごたえを感じました。
1級の合格で弾みがつき、次の年に税理士試験の会計科目である簿記論と財務諸表論の2科目に合格できました。経済学部では、学部→大学院の連携を通じて、税理士という大型資格取得に向けた教育体制が整っています。
伊東 規行
  • 伊東 規行
  • 2016年3月 経済研究科卒
  • 千葉県・私立西武台千葉高校出身