スポーツビジネス専攻
今、社会におけるスポーツビジネスの重要性が急速に高まっています。
高い“経営力”“人間力”を備え、スポーツビジネスを通じて地域社会やグローバル社会で貢献できる人材を育成する、新たな専攻が誕生しました。

専攻の特色

“スポーツビジネスで活躍できる人材”を育てる画期的な専攻、誕生。

スポーツビジネスを生涯の仕事にする。それに必要な理論と知識を幅広く学ぶ、新時代の専攻。

今、子どもや高齢者向けのスポーツ教室を運営できる人材や、スポーツイベントをマネジメントできる人材のニーズが急速に高まっています。この専攻は、「スポーツビジネスを一生の仕事にするために必要な理論・技術・ノウハウ」を身につけるために新設されました。実践的な学びにより、スポーツビジネスで活躍できる人材を育成します。

スポーツビジネスで活躍するために必要な“経営力”と“人間力”を養成。

たとえば、スポーツクラブやスポーツイベントを運営する場合、“経営力”がないと成り立ちません。また、クラブやイベント参加者と運営スタッフとの良好な関係が築ける“人間力”がなければ、成功は長続きしません。今、あらゆるスポーツビジネスの領域で高いマネジメント力とコミュニケーション力が求められています。実践的なカリキュラムでこれらの力を養います。

地域スポーツ振興やスポーツビジネスに必要な資格取得も全面的にサポート。

地域でスポーツクラブの運営や指導を行う際には、日本体育協会公認「スポーツリーダー」「アシスタントマネジャー」などの資格が求められます。また、スポーツイベントの開催には、日本レクリエーション協会認定「レクリエーションインストラクター」資格が有効です。これらの資格につながる授業や実習が豊富にあります。
また、星槎大学との提携により「保健体育」教職免許も取得可能です。

4年間の学習の流れ

社会で活きる経営感覚とコーチング力を学びます。
1年次
まずは経営の基本を徹底的に学習します。
「経営学概論A・B」や「簿記原理」などを通じて、経営の全体像とその基本について学びます。

先生からひとこと!

「スポーツ・健康と社会」などを通じて、現代社会におけるスポーツの役割や問題点、スポーツビジネスについても理解を深めていきます。

2年次
スポーツビジネスに必要な知識を学びます。
マーケティングや組織論などをマネジメントに必要な知識を学んでいきます。スポーツの理論と実習の授業もスタートします。

先生からひとこと!

「スポーツコンディショング実習」「機能解剖学」などの授業でスポーツの現場で必要とされるトレーニング方法なども学習していきます。

3年次
実践を通じて知識を自分のものにします。
ゼミナールもスタートし、ボランティアや外部企業と連携したプロジェクト型授業で、スポーツを生涯の仕事とする力を身につけていきます。

先生からひとこと!

顧客や同僚などと円滑にコミュニケーションしていくためのノウハウも学ぶ「コーチング」の授業もあります。

4年次
スポーツを社会に活かす仕事を目指します。
スポーツ団体・企業やプロスポーツチームでのインターンシップなど、実践を通して将来の仕事につなげます。

先生からひとこと!

スポーツ団体や企業に精通した講師陣のアドバイスを受けながら、自身の競技と志向に合った道を見つけてください。

取得可能な資格

  • 「スポーツリーダー」「アシスタントマネージャー」((公財)日本体育協会)
  • 「認知症予防ファシリテーター」(NPO法人認知症予防センター)
  • 「レクリエーション・インストラクター」(公財)日本レクリエーション協会)
  • 「保健体育」教職免許(星槎大学との提携)

◎ 部活動と連携して、競技力と指導技術の向上を実践的に学びます。

指定クラブ/陸上競技部、野球部、テニス部、空手道部、弓道部、ゴルフ部、サッカー部、剣道部、女子ラグビー同好会

科目例

科目例1

スポーツと社会の関係を学ぶ。

【スポーツ・健康と社会】

現代社会におけるスポーツや健康問題について考える。

現代社会におけるスポーツ・健康に関わるトピックを取り上げ、それらに対する自分の意見を作っていきます。例えば、オリンピックと政治・経済・ドーピングとの関係、武道の国際化についての問題点、増加する肥満や認知症人口の解決策などについてです。認知症とその予防を学んだ後にNPO 認知症予防サポートセンター主催の認知症予防ファシリテーターの資格を受験できます(希望者のみ)。毎年合格者を出しています。

豊嶋 建広 教授
  • 豊嶋 建広 教授

科目例2

スポーツ施設の運営者を目指す。

【スポーツマネジメント実務演習A・B・C】

スポーツ施設の経営実務を学び日本体育協会の資格を取ろう。

スポーツ施設をマネジメントするスタッフを養成する実践的授業です。
実際の施設のケーススタディや施設運営シミュレーション等で学んだ後、自分の理想のスポーツ施設を考案・発表します。日本体育協会「公認アシスタントマネジャー」検定資格および同「公認スポーツリーダー」の資格取得を目指しましょう。

科目例3

トレーニングの理論と実技の学び。

【スポーツの理論と実習】

スポーツ指導のためのプレゼン力、コミュニケーション力を身につける。

トレーニングの技術と理論(指導内容)を学ぶだけでなく、その指導法(プレゼンスキル)や受講者が楽しく学ぶことができるようにホスピタリティのためのスキル(コミュニケーションスキル)を身につけます。この授業では、実践的な指導力を学ぶことができます。

豊嶋 建広 教授
  • 豊嶋 建広 教授

科目例4

真のスポーツマンシップを探求する。

【自主企画ゼミナール(モラルとスポーツ)】

勝敗を越えたスポーツの意義をモラルの視点から探っていこう。

スポーツをモラルの観点から考えます。スポーツマンシップやフェアプレーの概念を歴史や事例から読み解き、自分が関心を持つ競技をテーマに研究発表を行います。勝利を最重視する競技としてではなく、相手への敬意やルールの遵守など、実社会にも通じる人間形成の側面からスポーツを再認識しましょう。

江島 顕一 准教授
  • 江島 顕一 准教授