英語コミュニケーション専攻
コミュニケーションは、人と人の間だけでなく、異なる文化間にも存在します。
“互いに伝え合う力を養う”ことを目標に、英語によるコミュニケーションスキルと意思疎通をより豊かなものにする異文化理解を、この専攻では学んでいきます。

専攻の特色

通じる英語では物足りない。
“英語で伝え合える”ところまでコミュニケーション力を向上させる。

ディスカッション中心の授業で、コミュニケーションスキルを磨く。

コミュニケーションは、ただ発信すれば良いというものではありません。本専攻では、少人数によるディスカッション中心の授業の中で、情報収集→整理→統合→アウトプットという“発信するまでの過程”を含めたコミュニケーションのあり方・スキルを学びます。同時に、ビジネスの現場でも通用する、ディスカッションやプレゼンなどに関する実践的な定型表現も身につけ、英語でネイティブスピーカーと対等に話し合う力を養っていきます。

グローバルな問題をテーマに、“相手を理解する力”を育む。

相手に何かを伝える時、相手のことを理解した上で伝えた方が、意思疎通はよりスムーズ。そのために、英米といった英語圏に加え、アジア、ヨーロッパ各国にも対象を広げ、ワークライフバランス、晩婚化、ネット上の問題などグローバルな社会問題に取り組み、リサーチ力・論理力を向上させながら多様性を学び、“相手を理解する力”を身につけます。そしてスキルだけではない本物のコミュニケーション力を育んでいきます。

ANAが長年培ってきた“おもてなしの心”を学ぶ

本専攻は「英語学」「英語教育学」「コミュニケーション学」の3つの領域を学びの特徴としていますが、2017年度から、もう1つの特徴として「ホスピタリティ論」が加わりました。これは株式会社ANA総合研究所と提携して実現したカリキュラム。
コミュニケーションの一環として、ANAが長年培ってきたホスピタリティを学問として学び、海外から注目される“日本のおもてなしの心”を実社会で体現していく力を養います。

3つのステップ

1
ディスカッションを通して英語で考えるクセをつける
英語を学ぶ際、さまざまな学習をバランス良く行う必要があります。英語コミュニケーション専攻では、ディスカッションを通して、まずは英語で考え、発信することにこだわります。
Discussion on Culture and Society
2
英語的な発想を日本人の視点で理解する
日本人が英語を学ぶ際、日本語と英語の言語上の違いの他、文化的な違いや発想の違いを踏まえる必要があります。その違いを知ることが、より正確で説得的な議論につながります。
英語の発想と論理
3
専門レベルの議論を英語で行う力をつける
英語コミュニケーション専攻の柱は、英語学、英語教育学、そしてコミュニケーション学。より高度な内容について、英語でリサーチして議論する力の獲得をめざします。
Discussion/Debate

科目例

科目例1

“違い”を怖がるな!

【Discussion on Culture & SocietyⅠ・Ⅱ】

多様性を受け入れて、真のグローバル人材に近づく。

世界の文化や社会についてディスカッションするこの授業。その主たるテーマは“多様性”。
世の中にはたくさんの民族や文化、習慣、宗教、食べ物があります。私たちは本当の意味でのグローバル人材になるために、自分たちを取り巻く世界について興味を持ち、自分自身を成長させていくべきです。この授業はその第一歩。“多様性”を学ぶことは、視野を広げるための重要なキッカケとなります。そして“違い”は怖がるものではなく、受け入れるものであることを学んでいきましょう。

マクヴェイ,ポールC. 特任教授
  • マクヴェイ,ポールC. 特任教授

科目例2

TOEICのスコアも大幅UP!!

【英語の発想と論理A・B】

ネイティブの頭の中を知り、同等の英語力獲得を目指す。

英語のネイティブスピーカーがどのような発想や論理によって、英語を使いこなしているのかを明らかにするのがこの科目のテーマ。ネイティブスピーカーの頭の中にある英語のメカニズムがわかれば、私たちも同等のレベルを目指すことができるはずです。具体的にはTOEICの文法問題を集中的に解くことで、彼らの発想と論理を学びとります。結果、TOEIC300点台だった学生が800点台を獲得することも!
笑いを絶やさない講義で、授業時間の90分はあっという間です。

北原 賢一 准教授
  • 北原 賢一 准教授

科目例3

自分の文化も異文化も知る。

【異文化コミュニケーション研究A・B】

言語や文化がもたらすコミュニケーションへの影響を学ぶ。

異文化コミュニケーションは言語・文化背景が異なる人々とコミュニケーションする際、言語や文化の違いがどのようにコミュニケーションに影響を及ぼすか、について学ぶ学問。
授業では、異文化コミュニケーション学の成り立ち、価値観の多様性、コミュニケーションのスタイルの違い、カルチャーショックと異文化適応のプロセスなどのテーマを扱います。これらのテーマを通じて、自分の文化と自分について気づきを深め、異文化を含む日常のコミュニケーションを振り返ります。

町 惠理子 教授
  • 町 惠理子 教授
夢ナビライブ講義ライブを動画で見てみよう!

在学生の声

諦めなければ、報われる。今度は私が伝える番です。
  • 服部 勝児

    服部 勝児
    英語コミュニケーション専攻 3年
    埼玉県立川口高等学校出身

  • 高校時代、所属していた陸上部の顧問の先生から「今、辞めたら100%後悔するぞ」と励まされたことがあります。成績が伸び悩み、退部を考えた時のことでした。先生の言葉にもう一度奮い立ち、最後の大会で、思ってもみなかった好成績を上げることができました。
    “諦めなければ、報われる”。今度は、私が先生になって、生徒に伝える番。英語の先生になることを目標に日々勉強に励んでいます。
    麗澤大学の英語の授業は、単に言語を学ぶにとどまらず、言語の背景にある考え方や価値観にも触れるのが特徴だと思います。語学+広い視野と人間力も養える環境ではないでしょうか。こうした複合的な学びのお陰で、入学時430点だったTOEICのスコアは、2年次の夏時点で550点にまで伸びました。目標の730点以上も“諦めなければ、報われる”はずだと信じています。

    私の履修科目 〔2年次/2学期〕

    履修科目

日常生活も異文化体験。

留学生が半数を占める、大学内のGlobal Dormitory(学生寮)に住んでいます。大学の授業も言わば“異文化体験”なのですが、日常生活も“異文化”満載。「なるほど!」の連続で、日々刺激を受けています。

麗澤ジャーナル 英語コミュニケーション専攻 リアルストーリーはこちら