地域連携センターの特徴
本学は平成27年4月1日に「地域連携センター」を設置しました。地域コミュニティの核としての役割を果たすことを目標に、カリキュラムとの連動性を高め、学内に留まらない学生の教育環境の充実を図り、地域と本学双方が発展していくことを目指します。

センター長 メッセージ

センター長 成相修
麗澤大学は、2015年4月に「地域連携センター」を新設しました。本学の重点事項として「地域連携への取り組みの促進」が、盛り込まれたことを受けて、従来から行ってきた地域との連携を、一層強めるとともに、「量」及び「質」の両面において、新たな地域連携の企画・実行を行っていきます。

「地域」の考え方として、(1)光ヶ丘地区との連携、(2)東葛地域との連携、(3)東北をはじめとして被災地などとの連携、を考えています。さらに、国際的な「地域連携」を模索したいと考えます。本学が持っている3つの資産、(1)教員を中心とする知見、(2)学生を中心とする活動、(3)ROCK受講者を中心とする生涯学習に参加する皆さん、などを如何に最大限に生かすかが、私たちの課題です。こうした資産を活かす「場」と「実績」を作っていきます。このためには、商店街の皆さん、柏市及び柏商工会議所など多くの皆さんのご指導とご協力が不可欠です。

多くの皆さんのご理解とご協力をお願い申し上げます。

麗澤大学地域連携センター センター長
成相 修  

センターの役割

学外連携事業の促進と発展を目標に、学内と地域をつなぐ懸け橋として、学生や教職員と地域団体との連携事業の企画・実施、学外教育活動のコーディネート、学生ボランティア活動支援等を行っています。

麗澤大学 地域連携センター

〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 生涯教育プラザ1F
TEL:04-7173-3630
FAX:04-7173-3767
E-mail:RCRCinfo@ad.reitaku-u.ac.jp