情報系卒論発表会の優秀発表を表彰(情報教育センター)
2017.3.22

学位記授与式で久しぶりにキャンパス内が賑わった3月14日,情報系卒論発表会の優秀発表の表彰式がおこなわれました。この発表会は今年で15回目,外国語学部,経済学部から合計14件の発表がエントリーして1月28日に開催されました。発表会は今年度から情報教育センターの主催となり,広く発表募集がおこなわれた結果,さまざまなゼミから発表者が集まり,発表テーマもいっそう多彩になりました。

厳正な審査の結果,表彰をうけた発表は以下のとおりです。

最優秀賞

早坂 千晴さん(外国語学部中国語専攻・千葉ゼミ4年)
「HTML5を用いた「赤シート」機能つき電子教材の構築」

  • 受賞理由:
    この研究は暗記用文具である、所謂「赤シート」に着目し、その機能を整理した上でWeb教材としての実装方法を提案し、課題などを整理している。今後、技術的実装方法など発展の余地を残すものの、身近な素材に着目しIT技術の応用を試みた研究は大いに評価すべきである。

優秀賞

鞠 元佳さん(外国語学部日本語・国際コミュニケーション専攻・千葉ゼミ4年)
「Java技術をもちいたSNS投稿システムの構築と運用」

  • 受賞理由:
    この研究はJavaサーブレットによるサーバ上のデータ管理システムであり、SNSを利用しようとする試みに対して、技術的サポートを可能にするものといえる。その内容は既存技術の積み上げであるが、新規に開発した部分を含み注目に値する。また、独自ドメインの取得、独自サーバの構築と実際のシステム運用に必要なノウハウを含み、後輩諸君の研究の基礎的資料としても有用である。

 

奨励賞

金子 哲也さん(経済学部経営学科・大塚ゼミ3年)
「ボードコンピュータを用いたプログラミング教育」

受賞理由:
発表内容は、論文タイトルと異なりボードコンピュータだけでなく所謂プログラミング教育環境についての調査・比較に多くの誌面・時間を割いて行われている。そのため論点の整理が不十分であるが、3年生の調査・発表として、その内容・密度は高く評価できる内容となっている。この研究を通じて得た技術的知識をベースにさらなる研究を行ってもらいたい。


また,発表者相互の投票をベースに選定された特別賞として,以下の2点が選ばれました。

  • 特別賞(1)

    大道 聖斗さん(経済学部経済学科・大塚ゼミ3年)
    「休講情報システム開発へ向けての考察-他大学にみる情報提供方法の長所と短所-」
  • 特別賞(2)

    野尻 拡さん(経済学部経営学科・吉田ゼミ3年)
    「CSR情報と株価の関係性に関する分析~リーマンショックをテーマとして~」


表彰式では,まず長谷川教佐情報教育センター長から受賞者一人ひとりに賞状と副賞が授与されました。その後,講評をおこなった長谷川センター長から,今年も興味深いテーマの発表が多く,論文のレベルも非常に高かったこと,卒業する4年生はこの経験を自信とし,社会に出てもますます頑張ってほしい,今年発表した3年生にはより高いレベルの研究をめざしていってほしい,という激励の言葉があり,集まった関係者は気持ちを新たにしていました。

講評する長谷川センター長

情報教育センターからは,各賞の受賞者に副賞が授与されたほか,発表者全員にも参加賞が贈られました。学生からは,大いに励みになる,来年もぜひ頑張りたい,という声が聞かれていました。来年度も,より多くの学生が参加し,さらに高いレベルの研究発表を聞くことができることを期待したいと思います。

最後に皆で記念撮影
おめでとうございます!

 

発表論文および発表資料は編纂され,Web に公開されています。過去の発表会の記録を含め,ぜひこちらよりご覧ください。