麗大生がASPIRE Japan×ASPIRE Korea の国際ミーティングを実施
2018.1.30

平成30年2月5日(月)~6日(火) 麗澤大学にて

 麗澤大学の学生はASPIRE ReitakuとしてASPIRE Japanの活動に参加しており、平成30年2月5日(月)に韓国のASPIRE Koreaの学生団体と共に合同ミーティングを麗澤大学にて行ないます。本学からは外国語学科に所属する1年生~4年生の計6名が参加します。ASPIRE(Action by Students to Promote Innovation and Reform through Education)は、国連アカデミック・インパクトに参加している大学の学生たちが斬新なアイデアを考え、行動するための組織です。各参加大学の下にそれぞれのASPIREが存在し、日本の各大学のASPIREがネットワークでつながったものがASPIRE Japanです。
本学では、国連アカデミック・インパクト10原則のうち「人々の国際市民としての意識を高める」にコミットした活動を進めています。 その活動のひとつとして、 学生団体「ASPIRE Reitaku」が活動しています。
 この国際ミーティングは不定期で行なわれますが、今のところ月1回程度行なわれており、ミーティングごとにテーマを設定し学生同士議論を重ねます。今回のテーマは「高齢化」で両国の「高齢化に係わる課題」の現状を知ることを目的に、「課題のその後」や「社会のその後」を推測するところまで目指しています。
 本学ではASPIREの活動を通じて、国を超えた学生同士の交流により、国際社会でも通用する真の国際人の育成に貢献できると考えております。

プログラム
メイン テーマ: 「高齢化」
◆2月5日(月) 15:00~21:00
・15:00~17:30 セッション1 
・17:30~19:00 夕食
・19:00~21:00 セッション2
◆2月6日(火) 14:00~18:50
・14:00~15:30 セッション3 
・15:30~17:20 休憩
・17:20~18:50 セッション4 

【担当教員について】
渡邉  信(わたなべ しん)
麗澤大学 筑波大学(文学修士)、 南カリフォルニア大学(Ph.D)を卒業。 専門分野は英語学、 研究テーマは英語の統語論および意味論、 口語英語の語法。 アメリカ・マサチューセッツ州にあるスミス大学の東洋言語文学科で講師を、 ノースキャロライナ州立大学の外国語・外国文学部で助教授を務めたのち、 麗澤大学で教鞭をとる。 現在、 外国語学部 学部長、 ASPIRE REITAKU 顧問を務める。