留学生バス一日旅行を開催
2013.10.23

10月19日(土)、毎年恒例となった「留学生バス一日旅行」が行われました。やや肌寒い一日でしたが、留学生68名とRIFA(麗澤国際交流親睦会)のメンバー4名、国際交流センターのスタッフ7名が参加し、充実した一日を過ごしました。


一行はまず「もの知りしょうゆ館 野田工場」へ向かいました。もの知りしょうゆ館では、日本の食卓には欠かせない醤油について見学をしました。醤油の製造工程が映像や展示で紹介され、普段から慣れ親しんでいる醤油を楽しく理解することができました。また、この日は秋祭りが開催されていて、「しょうゆアイス」を食べることができました。

もの知りしゅうゆ館にて

昼食は「食べ放題」


昼食をはさんで、江戸東京博物館へ到着。江戸東京博物館は約400年の歴史がいっぱいに詰まった博物館で、5階と6階が展示室になっています。6階の入口から入るとまず現れたのが実物大に復元された江戸時代の日本橋です。この橋を渡ると、古き良き江戸時代にタイムスリップしたようで、留学生一同は江戸・東京文化を味わいました。

復元された日本橋

江戸東京博物館にて