タイ、ベトナムからの特別聴講生が北海道のホテルでインターンシップ
2014.2.26

左からガンさん、チンさん、パッチャリンさん

本学の提携校であるタイ・パヤップ大学から留学しているチョンバーン・パッチャリンさん、ベトナム国家大学(ホーチミン市校)人文社会科学大学からのレ ホアン キム・ガンさん、リュー ティ ツウ・チンさんの計3名が北海道枝幸町歌登にある「うたのぼりグリーンパークホテル」(運営は特定非営利活動法人健康保養ネットワーク)で4週間のインターンシップを行っています。

このホテルは、タイ人旅行者が多く訪れることで、しばしばマスコミで取り上げられています。訪日外国人旅行者を研究している外国語学部の山川和彦教授が訪問したことをきっかけに、今回のインターンシップが実現しました。

タイやベトナム出身の学生たちは、初めての雪国体験のなかで、タイ人旅行者のためのイベントの手伝いを中心に日本のホテルの“おもてなし”を学んでいます。 また、ホテルのお手伝いをする地元住民の方々にタイ語を教えるなど国際交流にも貢献しています。

また、インターンシップの開始に合わせて、山川教授がホテル関係者、町民ボランティアの皆さんを対象として「訪日外国人旅行者が次に求めるものは何か?」という講演をしました。

 

IMG_7629

観光客を前にもちつきのデモンストレーション

IMG_7621

本格的なたこ焼き作りにも挑戦

IMG_7645

流しそうめんで外国人旅行客をおもてなし

IMG_7745

地元の方ともすっかり仲良しに

IMG_7894

地元にみなさんにタイ語会話講座を実施

IMG_7869

お世話になった御礼を述べる留学生たち