ベトナム国家大学ホーチミン市校より中山学長に感謝状
2014.10.1

image001本学と教育・学術交流を行っているベトナム国家大学ホーチミン市校人文社会科学大学のルック日本学科長より、中山学長にこれまでの支援に対して感謝状が贈られました。同学科では、本学の関連法人である公益財団法人モラロジー研究所が編集発行している月刊誌『ニューモラル』を日本語学習の副教材として活用しています。また同研究所の上信越ブロック三県協議会とは長年にわたり、相互国際交流を行っており、国際親善大使として、「国際的日本人の養成」を目的にブロック内の青年をベトナムに派遣。第7期の派遣となる今年8月には和書100冊を献本し、大変喜ばれました。

以上のような経緯を踏まえ、グローバル時代のアジア諸国との教育・学術交流を高等教育機関としてさらに推進するため、中山学長は、これまで2012年、2013年、渡邊学部長、経済学部堀内教授、外国語学部梅田教授と訪問し、学生と教職員を対象に道徳・倫理に関する講演会を開催しました。またこの講演会を機にMOU(Memorandum of Understanding)を締結し、同大学からは、2名のベトナム人学生が本学の奨学金を活用して留学し、グローバルドミトリーで貴重な国際交流を体験しました。現在、両学共同で日本語学習のための副読本を制作しており、出版を記念して、11月には中山学長がベトナムを訪問し、堀内教授、正宗別科長と日本学科の学生を対象に特別授業を実施する予定です。

DSCN3104

2013年包括協定が結ばれる

DSCN3193

2013年講演をする中山学長

 <関連記事>
2012年8月23日「ホーチミン市人文社会科学大学の学生が麗澤大学を訪れる」
2012年11月13日「中山学長、堀内教授、渡邊教授がタイ、ベトナムを訪問」
2013年11月8日「ベトナム国家大学(ホーチミン市校)人文社会科学大学での講演会