教員紹介
井上 優
井上 優

INOUE, Masaru

職名 教授
研究科 言語教育研究科
学部 外国語学部
学科 共通科目
関連するWebサイトURL
専門分野
  • ・日本語の文法・意味、文法・意味の対照研究
研究テーマ
  • ・現代日本語(方言を含む)の文法形式の意味に関する研究、および中国語・韓国語との対照研究
学歴
  • ・東京都立大学大学院博士課程 中途退学
  • ・東京都立大学大学院修士課程 修了
  • ・東北大学文学部文学科 卒業
取得学位
  • ・修士(文学)(東京都立大学)
  • ・学士(文学)(東北大学)
主要経歴
  • ・麗澤大学大学院言語教育研究科 教授
  • ・麗澤大学外国語学部 教授
  • ・大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立国語研究所 言語対照研究系 教授
  • ・一橋大学大学院言語社会研究科第2部門 連携教授
  • ・独立行政法人国立国語研究所(主任研究員,領域長,センター長)
  • ・北京日本学研究センター 派遣教授
  • ・国立国語研究所(研究員,主任研究官)
著書
  • ・『相席で黙っていられるか』  単著  岩波書店  (2013.7)
  • ・第4章「モダリティ」『シリーズ方言学2 方言の文法』  単著  岩波書店  (2006.11)
  • ・『日本語文法のしくみ』  単著  研究社  (2002.04)
学術論文
  • ・日本語と中国語の真偽疑問文と確認文の意味  『日本語文法研究のフロンティア』  単著  くろしお出版  (2016.5)
  • ・「対照研究と通言語的研究」  『日本語学と通言語的研究との対話―テンス・アスペクト・ムード研究を通して』  単著  くろしお出版  (2014.5)
  • ・「日中対照から見た中国語の文末助詞」  『日本語史の新視点と現代日本語』  共著(筆頭)  勉誠出版  (2014.3)
  • ・「事態の叙述様式と文法現象―日本語から見た韓国語―」  『韓国語教育論講座 第2巻』  単著  くろしお出版  (2012.10)
  • ・「テンスの有無と事態の叙述様式―日本語と中国語の対照―」  『日中理論言語学の新展望2 意味と構文』  単著  くろしお出版  (2012.4)
  • ・「学習者の母語を考慮した日本語教育文法」  『コミュニケーションのための日本語教育文法』  単著  くろしお出版  (2005.10)
  • ・「テンス・アスペクトの比較対照-日本語・朝鮮語・中国語-」  『シリーズ言語科学4 対照言語学』  共著  東京大学出版会  (2002.11)
  • ・「日本語と中国語の真偽疑問文」  『国語学』184集  共著  (1996.03)
その他の業績
  • ・近い言語,遠い言語(言語距離)(『ことばのおもしろ事典』)  単著  朝倉書店  (2016.4)
  • ・なぜ対照研究が必要か(招待講演)  単独  韓国日本語学会  (2016.3)