卒業生の活躍
2021/03/04

【前編】自分の将来は、自分の知識や経験からしか選べない。素直さ、真面目さを武器に積極的に行動を

【前編】自分の将来は、自分の知識や経験からしか選べない。素直さ、真面目さを武器に積極的に行動を
外﨑 和也さん
千葉県柏市出身。2011年コーユーレンティア株式会社入社。営業部を経て人事部へ。
現在、主任を務め、採用や新人研修を統括。社内有志活動の一員としても従事。今一番の楽しみは、休日に3歳の息子と遊ぶこと。目指すは「クレヨンしんちゃん」のパパ。「彼のように、平凡で幸せな家庭をこれからも築いていきたいです。」麗澤大学の卒業生でもあり、2011年3月に国際経済学部 国際経営学科(現在の経済学部 経営学科)を卒業。
髙安 美紗稀さん
茨城県神栖市出身。2014年コーユーレンティア株式会社入社。1年間の営業研修後、人事部に配属。現在はサブリーダーを務め、新卒採用や中途採用、新入社員研修などを担当。
その他、異業種の採用担当者と協力し学生の就活支援を行なうことも。趣味は、ライブや音楽フェスに出かけること、美味しいご飯やお酒を楽しむこと。麗澤大学の卒業生でもあり、2014年3月に外国語学部 外国語学科 英語・英米文化専攻(現在の英語・リベラルアーツ専攻)を卒業。
目次

    コーユーレンティア株式会社は、家具や事務用品、OA機器などのレンタルサービスを様々な企業に提供する会社です。日本で最初に建設現場の仮設事務所向けにレンタルサービスを開始し、現在はオフィス、イベント会場にもサービスを展開。またレンタルに留まらず、空間コーディネートや会場設営、ICT環境の構築なども手がけています。皆さんもよく知っている大規模な建設プロジェクトや各種スポーツ・音楽イベント、国際会議にも多く携わっています。2020年2月に東京証券取引所に上場を果たし、業界のパイオニア企業としてさらなる飛躍を遂げようとする、コーユーレンティア株式会社が求める人材像とは?

    重視するのは「人」。変革心をもって変化を恐れないことが大事

    • takayasu.jpg
    • 髙安:企業向けレンタルサービスは、短期的に商品を売り込むものではなく、お客様と長期にわたり信頼関係を築いていくことが重要です。そのために、社員は競い合うのではなく協力し合いながらお客様をサポートしています。そうした中、私たちが一番に求めるのは、社員からも、お客様からも信頼される人間性を備えた人。どんな時もお客様と誠実に向き合うことができ、また、社員とも協調できる、真面目で素直、どんなことにも一生懸命に取り組める人です。もちろん、英語やパソコンが得意であることも素晴らしいですが、それより何よりも重視するのが「人」なんです。

    外﨑:2つ目には、自分で考えて行動できる人。たとえばお客様にオフィスのコーディネートをご提案する際、ご要望通りに仕上げれば合格点ですが、そこからさらに「どうすればより快適に仕事ができるだろう?」と自分なりに考えることが大切です。「レイアウトはこうしたほうが動きやすい」「この備品もあったほうが便利だろう」と提案のクオリティが上がると、満足度もさらに10点、20点プラスされます。満足度が上がるだけでなく、仕事に対するやりがいも向上し、社員としての成長にもつながるでしょう。そして3つ目に求めるのが、変革心です。業界のパイオニアとして躍進を続ける企業と言えども、同じことを続けていてはこの先の成長はありません。

    • 成長し続けるためには、守るべきものを守りながらも、変わり続けることが不可欠。そこには、新しいことに積極的にチャレンジできる社員が必要です。私たちも今、人事部で様々な変革にチャレンジしているところなんですよ。これまでルーティーンで行ってきた年間の採用計画を見直したり、大学や学生の皆さんにもっと認知していただくための新しい取り組みを始めたり。社員が本気で「やってみたい!」と手を挙げれば挑戦できる社風なので、自分のやる気次第で、できることがどんどん広がっていくのは、弊社の面白いところですね。

    • sotozaki.jpg
    • 20201106 鮗玲セ、螟ァ蟄ヲ縺輔∪4442.jpg
    • 髙安:採用活動においては、今年は新型コロナウイルスの影響で、選考方法をオンラインに切り替えるという大きな変化もありました。企業説明会も面接もオンライン、ご応募くださった学生の皆さん全員に自己PR動画を提出していただくなど、まさに新たな挑戦です。従来の対面式による採用活動は、私たちが活動できる範囲に限界がありましたが、オンライン化によって、全国の学生の皆さんにアプローチできるようになったのは大きなメリットでした。しかし、初めての試みと言うこともあり課題も見つかっています。

    今後はオンラインの良さを活かし、これまで以上に、学生の皆さんに「会社のことが良くわかった」と思ってもらえる、そして私たち社員は学生一人ひとりの良さを見つけ出すことができる。そんな良い出会いの場を実現していきたいですね。

    麗澤大学の学生は人として大事なものを持っている

    • 外﨑:現在、弊社には麗澤大学の卒業生が11名在籍していますが、皆、お客様のために一生懸命に頑張ることができる人ばかり。人事部(私たち以外)でも、麗澤大学の学生と言えば「素直で元気、一生懸命!」という印象が確立しているほどで(笑)、ひたむきに頑張る姿勢が高く評価されています。とにかく一生懸命で、周りが応援したくなるような人が多いですね。

      髙安:キャリア科目の授業で講演を行なった経験もありましたが、学生の出席率が高いと感じます。また、毎年参加させていただく学内合同企業セミナーの会場は、特に活気に溢れ、しかも皆さん、私たちの話を真剣な面持ちで聴いてくれるんです。

    • 20201106 鮗玲セ、螟ァ蟄ヲ縺輔∪4537.jpg

    質問も多く、麗澤大学の学生は本当に素直で真面目だなと。そんなエネルギッシュな学生を前にすると私たちもモチベーションが上がって、あれもこれもお伝えしたいと、つい120%、130%のパワーで臨んでしまうんです(笑)

    • 20201106 鮗玲セ、螟ァ蟄ヲ縺輔∪4470.jpg
    • 外﨑:近年の就職活動は、いわゆる売り手市場でした。学生が企業を選べる立場であるだけに、ともすると学生は就職活動に対する真剣みが薄れてしまいがちですが、麗澤大学の学生は、いつでも説明会や面接に臨む真面目な姿勢、企業に対する誠実な態度が変わらないんです。どんな時も真面目で一生懸命、そして人を尊重できる。麗澤大学の学生の大きな強みであり、人として一番大事なことではないでしょうか。そういう人は社内からもお客様からも信頼されて、活躍できる幅が大きく広がると思いますよ。

    SNSでこの記事をシェア

    人気記事

    注目キーワード

    公式 SNS