経済学部
2019/02/21

スポーツの楽しさを、一人でも多くの人に伝えていく

スポーツの楽しさを、一人でも多くの人に伝えていく
豊嶋 建広(とよしま たてひろ)
経済学部 経営学科 スポーツビジネス専攻 専攻長
目次

    経営力・人間力・スポーツ力を体得する

    179-1.jpg

    「スポーツで地域を活性化したい」「スポーツを地域住民や社員の健康増進に活用したい」など、スポーツに対する社会のニーズが高まる中、2018年4月、スポーツビジネス専攻がスタートしました。スポーツと経営を同時に学ぶことができる本専攻は、大好きなスポーツを一生の仕事にしたい学生に、最適な環境といえるでしょう。

    本専攻では、麗澤大学の建学の理念である「知徳一体」を基礎とし、スポーツビジネスに不可欠な「人間力」(共感力があり、信頼関係を築くことのできる力)「経営力」(経営学の知識と思考力)「スポーツ力」(スポーツ医科学や健康の知識と、それらに基づいて指導する力)の3つを柱に学んでいきます。

    大手スポーツメーカーやプロチームからの課題に挑む

    179-2.jpg

    本専攻は経済学部経営学科に属し、経営専攻の授業をすべて受講することができます。お得ですね(笑)。さらに、スポーツビジネス界で活躍する方々による特別講義、プロ・スポーツチームや大手スポーツメーカーから与えられた課題に学生が取り組む授業、プロチームへのインターンシップなど、実践的な学びも展開しています。こうした機会を通して、学生のみなさんは業界とのコネクションを築くことも可能です。

    また、運動理論や経営学を学ぶだけでなく、授業を通して「スポーツリーダー」「アシスタントマネジャー」(公財日本スポーツ協会)、「レクリエーション・インストラクター」「スポーツレクリエーション指導員」(公財日本レクリエーション協会)などの資格取得も可能です。

    資格取得により、スポーツビジネスに必要な知識が定着し、活躍の幅も広がりますよ。また、海外で活躍する選択肢も視野に入れ、大学では語学に力を入れるのもいいでしょう。そのための英語クラスがあります。

    大切なのは「スポーツが好き!」という純粋な気持ち

    179-3.jpg

    将来、スポーツビジネスで成功するには、授業の予習・復習をする、疑問点はそのつど教員に聞く、運動部の学生もスポーツと勉学の両立をはかる、マナーを守る――など、当たり前のことを実行することが何よりも大事です。その上で、企業から与えられた課題にも真剣に取り組んでいけば、人間力と経営力を大きく伸ばすことができるでしょう。

    本専攻で学ぶ一番の意義は、スポーツの楽しさを一人でも多くの人に伝えることです。「スポーツが好き」という純粋な気持ちを大切に、勉学とスポーツに励んでください。私たちは一つのチームです。自分たちが「麗澤大学のスポーツビジネス専攻を日本一にする!」という意気込みで、共に頑張りましょう!

    SNSでこの記事をシェア

    人気記事

    注目キーワード

    公式 SNS