1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. ANAビジネスソリューション株式会社と教育連携協定を締結

2016/07/07

ANAビジネスソリューション株式会社と教育連携協定を締結

 7月7日(木)、麗澤大学と「ANAエアラインスクール」を運営するANAビジネスソリューションと教育連携協定を締結しました。
2017年2月から「ANAエアラインスクール学内講座」を麗澤大学内に開講。講座では、ANAエアラインスクールのベー シックコースを4日間に凝縮した集中講義を中心に実務体験を実施し、エアライン業界を志望する学生の就職活動を支援していきます。

学長挨拶

 本年は麗澤大学の創立者廣池千九郎生誕150年にあたりますが、そのような記念すべき周年に、本日、麗澤大学とANAビジネスソリューション株式会社様との教育連携協定調印式が終了しましたこと、心より嬉しく思います。

 今回の教育連携協定は千葉県内の大学では初めてのものですし、また本学の地の利を生かして、成田空港での実務体験も計画されているとのことですので、将来、エアライン業界を志望する学生たちにとっても、非常に有意義なラーニングプログラムを提供できるのではないかと期待に胸を膨らませております。まずは関係者の方々に対し、大学を代表しまして、心から御礼を申し上げたいと思います。

 また本学は、知徳一体を建学の理念とし、学生の道徳性の向上を教育目標の中核にすえております。道徳とは「他者とのよりよき関係性の構築」で、人間関係の要でもあります。その点はANA様も同じで、『仕事も人間関係もうまくいくANAの気づかい』を拝読しますと、この中でもチームで取り組む仕事を確実に進めるためのベースとなるのは人間関係であり、他者に対する気づかいが人間関係を構築してゆくと述べておられます。この点だけをとりましても、これからのグローバル社会を見据えたジェネリック・スキル(汎用的能力)の養成、そのコアーとなる人間力の養成で、大いに有意義な教育的コラボレーションができると確信しております。

麗澤の名称の由来は中国の古典の『易経』ですが、そこに「二人心を同じくすれば、その利(するど)きこと金を断つ」という一節がございます。「正しい心情の持主が二人して心をあわせれば、その鋭さは金鉄をも断ち得るほどである」という意味です。

本学とANA様は、ともに他者とのよりよき人間関係を追求し、社会に貢献するという点で、心を同じくしているわけですから、その勢いの鋭利なることは、堅い金属をも打ち切るものになるであろうと想像するわけでございます。そのようなすてきな未来を心に思い描き、学長の挨拶といたします。