在学生・卒業生メッセージ

〜成長体験〜

国際的教養人として社会に出るために、どんなことが体験できるのか。
授業内、あるいはそれ以外で体験できることを学生の声で紹介します。

半年間のイギリス留学でリスニング力が向上!

伊藤 仰
  • 伊藤 仰
  • 2016年3月 英語コミュニケーション専攻卒
  • 千葉県立千葉北高校出身
半年間のイギリス留学で苦手なリスニングを克服。一人旅の武者修行で自然と力がつきました。
イギリスのリーズ大学に半年間留学し、大学のランゲージセンターで学びました。最初は苦手なリスニングでくじけそうになりましたが、「聞き取れなくて当たり前」と開き直ったら、いっぺんに気持ちが楽になりました。積極的に一人旅に出かけたのも良かったと思います。イギリス国内だけでなく、イタリアやドイツ、ベルギー、アイルランドにも足を伸ばしました。いろいろな国の人たちと言葉を交わすうちに自然とリスニング力が磨かれ、人と出会う楽しさも味わいました。2学期にはクラスのレベルもUPし、一回り成長できたと思います。

現地の先生には本当にお世話になりました!

英語劇でTOEICスコアが大幅アップ!

野田 佳菜子
  • 野田 佳菜子
  • 2016年3月 英語・英米文化専攻卒
  • 千葉県・柏市立柏高校出身
好きな演劇を通じてだから得意ではなかった英語もすんなり耳に入り、リスニング力もUPしました。
部活動で「英語劇グループ」に所属しています。苦労するのは、やはり英語の台詞。何度も台本に目を通し、わからない単語を書き出しながら理解していきます。顧問の先生が外国人なので指導はすべて英語です。最初は話していることがわからず、ずいぶん先輩達に助けてもらいました。でも好きな演劇を通すことで、得意ではなかった英語がすんなり耳に入るようになり、気がつくと、授業でも先生の話がよく理解できるようになっていました。TOEIC試験でも大幅に点数がアップ。「英語劇」でいつも英語に接しているおかげだと実感しています。

英語劇は自分を高めてくれた貴重な体験

台湾で日本語教育実習を体験!

池田 真紀子
  • 池田 真紀子
  • 2016年3月 日本語・国際コミュニケーション専攻卒
  • 千葉県立千葉女子高校出身
台湾で日本語の授業を体験。現地学生との交流を通じて日本語の良さを広めたいという目標ができました。
4週間の「台湾日本語教育実習」に参加。実習校の日本語初級クラスで学ぶ大学1年生に対して、実際に授業も行いました。文法の授業では「~たら」「~ても」を使った仮定条件の表現を指導したのですが、簡単な日本語だけで一から教える難しさを痛感。同時に、現地の学生たちとの交流からは、お互いが気持ちを寄せ合えば、言葉が通じないなかでもコミュニケーションが成り立つことも学びました。実習は、美しい日本語を意識するきっかけにもなりました。将来は日本語教師の免許を取り、日本語の良さを多くの人たちに広めていきたいと思っています。

自分の説明がちゃんと伝わっているかドキドキでした

仲間と限界集落でボランティア活動!

中島 有紀
  • 中島 有紀
  • 国際交流・国際協力専攻3年
  • 埼玉県立越谷南高校出身
仲間9人と限界集落でのボランティア活動を実施。将来は国際協力活動へと夢はどんどん広がります。
空き時間や休日を有効に使い、いろいろなボランティアに参加しています。一番印象に残っているのは、秋田の限界集落での復興支援。同じ専攻の仲間9人と廃屋撤去活動を行いました。活動の報告は、麗澤大学で開催された「国際フェスタCHIBA」で発表。ニーズのヒアリングからすべて自分たちで行い、最後までしっかり活動を終えることができた体験は大きな糧になりました。「ありがとう」の言葉をいただくうれしさは格別で、意欲が湧きます。アクティブなIECの仲間の存在も大きいですね。中東問題にも感心があるので、いつか中東平和実現に貢献できるような国際協力活動をするのが夢です。

活動前の一枚。このあとヘトヘトになりました…。

留学先でオペラハウスの大道具を経験!

紙屋 佑成
  • 紙屋 佑成
  • 2016年3月 ドイツ語・ドイツ文化専攻卒
  • 茨城県・私立常総学院高校出身
ドイツでオペラハウスの大道具スタッフを体験。舞台に関わる喜びを実感しめざす将来像が見えてきました。
音楽が好きで、関連の深いドイツ語を専攻。音響・照明委員会に入って音響についても勉強中です。ドイツ留学中、舞台関連の仕事を体験してみたいと現地語学センターの先生に相談。紹介されたのが美術スタッフのボランティアで、オペラハウスの大道具係として2週間働きました。地元の職人さんたちは快く迎えてくれましたが、機械や道具などの専門用語がさっぱりわからない。耳に入る単語をすべてメモして、近くのホームセンターで調べたりしました。出来上がった舞台を見たときは感無量。将来、舞台に関わる仕事をしたいという思いを強くしました。

一見、怖そうですがとても優しい職人さんでした!

英語と中国語をマスターするMLEXプログラム!

出口 綺夏
  • 出口 綺夏
  • 中国語専攻3年
  • 千葉県立松戸国際高校出身
中国語を専攻しながら英語も本気で勉強できる。MLEXプログラムが私の希望を叶えてくれました。
中国語の響きの美しさに惹かれて中国語専攻に。一方で、英語も本格的に勉強したかったので、MLEXという多言語修得プログラムを知ったときは「これだ!」と思いました。そのMLEXで「Top Level English」を受講。欧米からの留学生もいるなか、みんな堂々と時事問題などをテーマにディスカッションしています。私はクラスで唯一の中国語専攻で、思うように英語が出てこないもどかしさも。でも、ハイレベルな英語が飛び交う環境に身を置くだけでモチベーションが上がります。将来を見据えて2つの言語を本気で勉強したい人にMLEXはおすすめです!

授業で使ったプリントやノートの書き込みを見ると、積み上げてきた勉強量が分かってうれしい!