麗澤ジャーナル HOME / 教員一覧

教員一覧

  • 大塚 秀治 大塚 秀治

REITAKU
PROFESSORS

〜思い出の一品〜

北海道から上京した時に使った当時のJR時刻表

大塚 秀治

OTSUKA, Hideharu

  • 職 名:教授
  • 研究科:経済研究科
  • 学 部:経済学部
  • 学 科:経営学科

北海道函館市出身です。駒澤大学大学院博士課程で実験心理学を専攻。同課程を満期退学後ITベンチャーのマイクロシステムズ(株)に就職。システム開発・販売・IT誌「インフォメーション」の編集などに携わる。その後一橋大学情報処理センター助手を経て本学経済学部設立時に移籍。一橋大学在職時よりJAIN(Japan Academic Inter-University Network)やTRAIN(Tokyo Regional Academic Inter-Network)など地域インターネットの構築・運用に携わり、本学では柏インターネットユニオンを通じ東葛地域の学校インターネットの構築を支援しました。ゼミではネットワークを利用したシステム開発を指導しています。

  • 好きな言葉(座右の銘)を教えて下さい。
    継続は力
    理解できないものが理解できるようになったり、とても作るのは無理だと思わていた複雑なシステムを作りあげたり、時間をかけ続ければゴールが見えてくるものです。人間の仕事量は能力×時間で決まります。ですから時間をかけ続ければ、能率は悪いかもしれませんが、どんな人も一定の仕事量を達成することになります。何事もあきらめないで継続するということが必要ですね。
  • 休日の過ごし方や趣味を教えてください。
    散策やポタリング
    天気がよくて風が弱ければ自転車ででかけます。電車や車で出かけるのも好きです。時刻表を駆使して仮想の旅を計画することも好きです。学生のころは登山やヨットをやっていましたが、最近は体力がついていきません。
  • 1週間の休みと100万円が自由に使えたら、どこで、何をしますか?
    「1週間休養して100万円は貯金する」。夢が無い回答ですが、1週間は決して十分な時間ではないし、100万円も十分な額ではないように思われます。なので、十分な時間ができるまでは貯金しておくことにしましょう。
  • 過去の1日で、「もう1度やり直せる日」があるとしたら、それはいつで、どうしたいですか?
     2011年3月11日以前
     東日本大震災の直前に戻ることができるのなら、福島第一原発の爆発をなんとか防ぎたいものです。いろいろな方策があるのですが、例えば非常電源車に乗って近くで待機するということでもいいのかもしれません。SFのタイムトラベル的にやり直せるなら、そうするでしょう。
  • 大学4年間で「学生に訪れてほしい場所」はどこですか?その理由も教えて下さい。
    国立国会図書館
    学部生のころ、「卒論に取り組むときに最初にやることは国会図書館に行くことだ」と言われ、恥ずかしながら4年生になって初めて論文検索に出かけたものです。当時は3年以上(おそらく20歳以上)でなければ利用できませんでしたが。今は18歳以上なら利用できるそうですから1年生でも行くことができます。普段の勉強は大学の図書館で十分ですが、国会図書館の開架の資料室を見るだけでも価値があるので、大学生のうちにぜひ行きたい施設です。場所は国会議事堂の近くで、大学からは千代田線で1本で行けますから出かけてみましょう。
  • 大学4年間で「学生に読んでほしい本」は何ですか?その理由も教えて下さい。
     木下是雄著「理科系の作文技術」(中公新書)
     理系、文系に関係なくレポートや科学論文を書くためにぜひ読んでおきたい名著です。科学論文は「感動を与えるもの」や「楽しくなる」ような小説や童話とは異なり、分かりやすく書くことが求められます。それは将来仕事でも役に立つスキルでしょう。大学の授業でのレポートや卒業論文は「長きがゆえに尊からず」です。無駄にたくさん書けばよいものではないことを学びましょう。

専門分野

  • データ分析
  • 情報科学概論
  • 心理学
  • 分散システム運用技術

研究テーマ

  • 情報ネットワーク応用システムの開発と運用

学歴

  • 駒澤大学大学院博士課程人文学科研究科心理学専攻 単位取得満期退学
  • 駒澤大学大学院修士課程人文科学研究科心理学専攻 修了
  • 駒澤大学文学部社会学科 卒業

取得学位

  • 文学修士(駒澤大学)
  • 文学士(駒澤大学)

受賞(学術賞、教育賞、一般賞)

  • 学長奨励賞(麗澤大学)

主要経歴

  • 麗澤大学大学院経済研究科 教授
  • 麗澤大学経済学部 教授
  • 麗澤大学国際経済学部 助教授
  • 麗澤大学国際経済学部 講師
  • 一橋大学情報処理センター 助手
  • 株式会社マイクロシステムズ 勤務

著書

  • 経営情報システム第3版「インターネット」  共  中央経済社  (2004.3)

学術論文

  • 「利用規則違反履歴管理システムの運用とその抑止効果」『平成21年度情報教育研究集会講演論文集』東北大学ISSN 0919-9667  『平成21年度情報教育研究集会講演論文集』  (2009.11)
  • 「マルチブートPCにおける多重ログオン検知システムの運用」  『平成20年度情報教育研究集会講演論文集』  共著  (2008.12)

その他の業績

  • 学内PC の利用状況表示システムの開発と運用,大学ICT推進協議会2014年度年次大会論文,http://axies.jp/conf2014cd/paper/axies_t2a-15.pdf  共著  大学ICT推進協議会  (2014.12.10)
  • 仮想化技術による卒論用サーバシステムの構築と運用(1),大学ICT推進協議会2014年度年次大会論文集,http://axies.jp/conf2014cd/paper/axies_t2a-14.pdf.  共著  大学ICT推進協議会  (2014.12.10)
  • サーバ監視技術を応用した独居老人見守りシステムの試作,大学ICT推進協議会2013年度年次大会論文集,pp302-305,2013.  共著  大学ICT推進協議会  (2013.12.18)

一覧へ戻る

資料請求はこちらから