麗澤ジャーナル HOME / 教員一覧

教員一覧

REITAKU
PROFESSORS

〜思い出の一品〜

タゴール国際大学で買った「ろうけつ染め」のインド服

徳島県出身、麗高卒。麗大の英語学科1978年卒。1981年からインドのタゴール国際大学に3年間留学。ベンガル語を学び、近代インド思想について博士論文を書いた。2002年、アメリカに1年間研究留学し、生命倫理について研究。ホスピスでボランティアも体験。公益財団法人 モラロジー研究所 道徳科学研究センター 人間学研究室室長、教授を兼務。「NPO法人とうかつ・生と死を考える会」副理事長として生老病死についての教育、患者支援のボランティア、死別を体験した遺族のグリーフケア(死別の悲嘆のケア)に取り組む。毎年、「麗澤大学皇居勤労奉仕団」のアドヴァイザーとして、学生と皇居勤労奉仕に参加。

  • 好きな言葉(座右の銘)を教えて下さい。
    「要らない人は一人もいない。一人一人持ち味と能力が違うのだから、いなくていい人はいないのである。だから自然体で、できることをおもしろがってやることだ。他人と比べるから自分が辛くなるのである。」(曽野綾子さんの言葉)
  • 休日の過ごし方や趣味を教えてください。
    趣味は、詩吟。麗澤大学の学生の時からやっています。詩吟とは、日本や中国の漢詩、和歌、俳句、現代詩を、伝統的な吟詠の方法で、吟じます。日本や中国の伝統文化についての教養を深めるとともに、大きな声を腹から出す発声法によって、健康にもよく、ストレス解消にもなります。人前で発表する時にはっきりとした声が出るといった効用もあります。また、外国の方々に、日本文化の紹介として詩吟を披露することもできます。結婚式などで「結婚祝いの詩」などの詩を吟ずると喜ばれます。年齢や男女の別にかかわりなく、どなたでも吟じることができます。道具もいらず、どこでもいつでも求めに応じて披露できます。さらに、尺八や琴などの伴奏による吟詠もできます。みなさん、やってみませんか?
  • 1週間の休みと100万円が自由に使えたら、どこで、何をしますか?
    行ってみたいと思っているのが、地中海。イスラエル、ギリシア、ローマ、トルコなど。
    キリスト教の聖地、パウロのゆかりの地など、訪れてみたい。
  • 過去の1日で、「もう1度やり直せる日」があるとしたら、それはいつで、どうしたいですか?
    過去はやり直せないから、やり直したいという日があっても、仕方がないとあきらめます。過去の失敗を教訓に、今後どうするかを考えるのみです。
  • 大学4年間で「学生に訪れてほしい場所」はどこですか?その理由も教えて下さい。
    インド、アフリカなど貧困に苦しんでいる人々がいる国や地域。貧困とはどのような状況なのかを、見てきてほしい。物質的な豊かさの中にいると、貧しいということがどのようなものかわからなくなる。物質的な豊かさの中で、不平・不満でいっぱいということになりがちだ。
    皇居。皇居勤労奉仕に参加し、ぜひ、通常は入れない皇居の中での奉仕を体験してほしい。
    日本における皇室の意義を認識することになると思う。大学で皇居勤労奉仕の機会があるのは本学を含め、少数の大学のみである。
  • 大学4年間で「学生に読んでほしい本」は何ですか?その理由も教えて下さい。
    曽野綾子『魂を養う教育 悪から学ぶ教育』(PHP文庫)。著者のエッセイ集から、戦後の日本人が失った「生きる力」を養うためのヒントを集めたもの。「教育の根本の姿は自らを教育し続けることなのである。」「私たちは、すべてのことから学べる。悪からも善からも、実からも虚からも、おそらく学べる。悪だからといって、その存在さえも拒否してしまうと、私たちはそこから何一つ永遠に学ぶことができなくなる。」など、教育について、生き方について曽野氏ならではの言葉が集められ、私は、よく読み返している。

一覧へ戻る

資料請求はこちらから
学部情報 入試案内 資料請求 お問合せ