お知らせ

教育・研究
2020.07.13

【メディア掲載報告】 川上和久教授の記事、各種メディアで掲載

本学 川上 和久教授 が執筆した記事が、各種メディアで掲載されましたので、お知らせいたします。
詳しい内容は、下記よりご確認ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

公明新聞の「ニュースな視点」に「新型コロナウイルスと治療薬」の記事が掲載されました。

川上教授は、記事の中で新型コロナウイルスの感染拡大の防止以外に政治がなすべきことの一つとして治療薬の開発を急ぐことを挙げています。薬事承認を得る為の、一連の手続きは重要ではあるものの、このような緊急事態では「非常的な措置」が求められ、政治が責任を負う覚悟で治療薬開発を推進してほしいと綴っています。

掲載記事全文はこちらよりご確認いただけます。(出典 公明新聞2020年5月11日付記事より)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

機関紙誌「自由民主」2020年6月2・9日合併号(2887号)の1面に『コロナ禍と日本人の「徳」』の記事が掲載されました。

「自由民主」は、自由民主党本部が、1955(昭和30)年の創刊以来、60年以上の長きに渡り発行している機関紙誌です。
記事では、『コロナ禍と日本人の「徳」』という見出しで、欧米に比べ日本のコロナウイルスの被害が抑えられた理由を、医療体制の充実や医療従事者の献身的努力に負うところに加え、日本国民一人一人の自らを律する「徳」が影響しているのではないかという視点から解説しています。

掲載記事全文はこちらよりご確認いただけます。(出典 自由民主 2887号1面 記事より)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

機関紙誌「自由民主」20206月16日号(2888号)の5面「メディア解析」に 川上教授の記事が掲載されました。

「自由民主」は、自由民主党本部が、1955(昭和30)年の創刊以来、60年以上の長きに渡り発行している機関紙誌です。

掲載記事全文はこちらよりご確認いただけます。(出典 自由民主 2888号5面 記事より)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

選挙時報 第69巻 第6号に「新型コロナウイルス感染拡大と選挙」の記事が掲載されました。

2020年度の選挙事務研究会で講演予定でしたが、コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が出される中、講演が中止になったことで本記事での掲載となりました。
記事では、コロナウイルス感染拡大の中において、諸外国選挙では延期やウイルス蔓延が見られる中、日本では、選挙が予定通り実施され、感染拡大防止出来ていると評価したうえで、より一層対策が求められる点について提言しています。

掲載記事全文はこちらよりご確認いただけます。(出典 選挙時報 第69巻 第6号 記事より)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【著者プロフィール】
川上和久 麗澤大学教授
1957年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。東海大学講師・助教授、明治学院大学助教授・教授、国際医療福祉大学教授を経て2020年4月より現職。専門は政治心理学・戦略コミュニケーション論。主要著書に『情報操作のトリック』(講談社現代新書)、『反日プロパガンダの読み解き方』(PHP研究所)等がある。