経済学部学生が「3級ファイナンシャル・プランニング技能検定」に多数合格
2017.10.31

2017年9月に実施された3級ファイナンシャル・プランニング技能検定(FP技能検定)に経済学部学生が多数合格しました。経済学部では毎年多数の3級FP技能検定合格者を出しており、学部が資格試験対策授業を設けた2011年から現在まで累計で150名超の学生が合格をしています。

FP技能検定は、投資、保険、税金、不動産、相続など家計にまつわるお金の問題についてさまざまなアドバイスを行い、その実行を援助するための知識が問われる検定です。FP技能検定は銀行や証券会社など金融機関で働くためには欠かせない資格となっています。

経済学部会計ファイナンス専攻では卒業までに簿記やFP、IT系の資格から2つ以上の資格を取ること(ダブル・クオリフィケーション)を目指します。3級FP技能検定に合格した学生はさっそく2級FP技能検定やITパスポートなどつぎの資格試験合格を目指して勉強を始めています。