中山理特任教授が三郷市PTA連合会の講演会で子育てについて講演
2019.6.25

 2019年6月19日(水)、中山理特任教授が、三郷市PTA連合会主催の家庭教育講演会で「人生100年の時代を生きる子どもたちに必要な教育とは」と題する講演を行いました。

 三郷市文化会館で開催された同講演会には、市内の小中学校(全27校)の保護者と教員、254名が参加し、講師の話に熱心に耳を傾けていました。講演会後は、参加した保護者からも「人生100年を親子で幸福に生き抜く知恵と勇気をいただいた」、「家庭こそが人格を育てる大切な場所であることを再確認し、これからの子育てで大変なこともあるが、中山先生のようにおおらかに受け止めていこうと思った」などの感想が寄せられました。
 今回の講演は、第66回日本PTA全国研究大会・新潟大会(平成30年8月24日)に参加した三郷市PTA連合会の山崎治顧問と鏡宏美会長らが、「子どもとともに幸せな家庭を築くために―グローバル化と人生100年の時代を迎えて―」と題する中山特任教授の基調講演に非常に興味を抱き、三郷市教育委員会・生涯学習課とのコラボレーションで実現したものです。

講演中の中山特任教授①

講演中の中山特任教授②