麗澤大学 学生相談室 吉原啓カウンセラー『私とパーソンセンタード・アプローチ』出版~15名のPCAの実践者がそれぞれの歩みを振り返る~
2019.7.22

 本学の学生相談室に所属する吉原啓カウンセラーが 『私とパーソンセンタード・アプローチ』の執筆に携わり、出版されました。
 本書は、パーソンセンタード・アプローチ(Person-Centered Approach:以下PCA)およびその近接領域で実践している15人の執筆者が、 一人ひとりPCAとどのように取り組んできたかを集成したものです。PCAとは、心理療法やカウンセリングの主要な立場のひとつとして、また、対人援助活動や社会的支援活動の基本的な姿勢として、広く知られ実践されています。執筆者がいかにしてPCAに触れ、その世界に進み、 どのように関心をもち試行錯誤や葛藤を経て、現在どのような心境にあり、またどのような到達点に至ったかなど説明しています。 
 吉原カウンセラーが執筆したのは「私なりのパーソンセンタード・カウンセリングへの道」という一節。編著者の一人である飯長喜一郎氏から、「日本のパーソンセンタード・アプローチの発展のために一肌脱いでいただきたい」「若手の人にぜひ加わってもらいたい」と依頼を受けたことがきっかけで執筆にあたりました。 
 吉原カウンセラーは「私のPCAのカウンセラーとしてのプロセスが、心理学に興味を持っている方や、カウンセラーという職業に興味を持っている方に少しでも参考になれば幸いです。」とコメントしています。
本書の概要は以下をご確認ください。 

【『私とパーソンセンタード・アプローチ』概要】
 ◆発売日:2019年6月15日(土)
 ◆著 者:飯長喜一郎・園田雅代 編著
  共著者:吉原啓(麗澤大学学生相談室副室長、 専任カウンセラー)
  伊藤研一・大澤美枝子・岡村達也・小野京子・小林孝雄・坂中正義・中田行重・堀尾直美・三國牧子・無藤清子・
  村山正治・本山智敬
 ◆出版社:新曜社
 ◆価 格:2,600円(税抜)


【著者プロフィール】
吉原 啓(よしわら けい)麗澤大学学生相談室副室長、専任カウンセラー。千葉県出身。英国・イーストアングリア大学大学院修士課程修了。 MA by Research、臨床心理士、公認心理師、国際フォーカシング研究所認定フォーカシング・トレーナー、日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング指導士。公立教育相談機関、公立小中学校スクールカウンセラーを経て現職。日本女子大学非常勤講師兼任。

リリース原稿はこちら