ボランティア活動に留まらず、事業化につなげる学び「スタートアップ支援プログラム」始動
2019.10.4

 本学では「麗澤スタートアップ支援プログラム」として、2019年度より新プログラムをスタートします。
 身の回りにある課題に着目し、その解決・改善のための方策を考案することを通じて、人々の生活に変革をもたらしたり、新たな市場を開拓することを「スタートアップ」と言います。今の社会では、ビジネスの種になる課題を発見し、その解決策を考案できる人材、つまりスタートアップができる人材が求められています。
 本プログラムは麗澤・地域連携実習を体験した学生や自主企画ゼミナール※などでPBL(Project Based Learning:課題発見解決型)学習を実践している学生に、ボランティア活動に留まらず、事業化につなげる学びを提供するプログラムです。
 全4回あるプログラムは10月1日(火)に1回目を実施しました。講師にはスタートアップ支援の専門家で、日本だけでなくアメリカでも複数のスタートアップの経営に参画されている飯野将人氏(ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ(株)共同代表)をお迎えし、「アイディア着想ワークショップ」と題して、参加者がグループごとにワークショップを行いました。次回以降からより具体的な内容で、スタートアップに必要な知識を学びます。
 将来、起業を目指している学生にはもちろんですが、そうでない学生にとっても本プログラムの学びを通じて、学生の社会人基礎力の向上に資すると考えております。  
※自主企画ゼミナール…学生が学びたいテーマを見つけ、学生が自ら指導を受ける教員も選び、何をどのように学習していくかについて、 該当教員の助言を受けながら決定し、学習計画を立て、その計画に従って進めていく本学独自のゼミナール制度。

【スタートアップ支援プログラム概要】
■日時 ・10月 8日(火)18:10~21:00 デプスインタビュー講座
 ・10月25日(金)18:10~21:00 リーンスタートアップ講座
 ・11月19日(火)18:10~21:00 インタビュー成果の振り返り
■場所 校舎「かえで」4階1405教室
■対象 全教員、 学生

飯野将人氏

【講師 プロフィール】

 飯野 将人(いいの まさと)氏
 ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ(株) 共同代表 
 大手金融機関、米国コングロマリットといった大企業勤務、
 VCにおけるベンチャー投資に取り組む傍ら、自ら日米複数 のスタートアップの経営に参画。
 東京大学法学部卒。 米国ハーバード大学経営大学院修了。

 

リリース原稿はこちら