【開催報告】1/24に「卒論お疲れ会」を実施しました
2020.1.25

同窓会組織主催で「卒論お疲れ会を開催」

 2020年1月24日(金)に、卒業論文を書き終えた4年生を対象に、麗大麗澤会(本学同窓会組織)が主催となり「卒論お疲れ会」を開催しました。当日は教職員含む約70名が参加し、交流を深めました。

 当日は、徳永学長の開会挨拶、外国語学部教授でもある黒須麗大麗澤会会長の乾杯の発声で会がスタートしました。学生生活で苦楽を共にした仲間たちとの交流はもちろんですが、学生生活で顔は知っているがこの会で初めて話をするなど、学生生活もそろそろ終わるこの時期に、新たな出会いも多数ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 会の最後は、同窓会組織が定める、各卒業期の代表である「期別世話人」から、代表して櫻井翔太さん(外国語学部国際交流・国際協力専攻4年)から、教職員に対する御礼の言葉と卒業後の一層の活躍の誓いがあり、閉会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 本学は大学だけでなく、同窓会組織も一丸となって学生を支援しています。今年卒業する学生たちが社会へ旅立ち、今以上に活躍してくれることを願っています。