お知らせ

学生生活
その他
2021.04.27

2021年8月以降の留学プログラムと海外渡航について

2020年3月以来、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、留学派遣のための海外渡航が依然として叶わず、留学を目標としている学生にとって、やり場のない思いを抱えた1年であったと思います。留学を推進している本学としては、皆さんの夢を叶えたいという思いの反面、パンデミックの感染状況下での海外渡航の安全確保に鑑み、まだ背中を押すことができません。

2021年8月以降の留学プログラムと海外渡航について、下記の通り決定いたしましたので、お知らせいたします。

  1. 海外留学プログラムに関して

    夏期休暇中の「短期海外研修」、および第2学期の「長期留学」の派遣を中止とする。

  2. 自主企画ゼミなど海外ボランティアに関する渡航について

    世界の感染状況を踏まえ、夏期休暇中の海外渡航可否を継続検討する。

  3. 2022年2月以降の留学プログラムと海外渡航についての可否判断について

    各留学プログラムの募集時期、および自主企画ゼミをはじめ課外活動状況を踏まえ、8月上旬から9月末にかけて検討する。

    202010月に実施しました留学希望調査にもとづき、「留学希望」と回答のあった学生には、メールにて海外渡航判断結果をお送りいたします。

  4. 海外提携校のオンライン留学プログラムについて

    夏期休暇中に受けられる短期オンライン留学プログラムを実施します。多くのプログラムで単位認定があります。

    各プログラムの紹介、および申し込みはこちらをご確認ください。

  5. 留学アドバイザーによるZoomイベントについて

    留学経験者による学生有志の団体-RESAREitaku Student Advisor)による個別留学相談会を実施しています。留学経験者の先輩に、「準備で必要なこと」や「経験談」など、リアルな話を聞くことができます。

    申込・詳細はこちらをご覧ください。

  6. その他:参考情報

<留学、および海外渡航実施となる前提条件>

①留学先の国・地域に対する外務省感染症危険情報がレベル1以下となること

②留学先の国・地域からのビザが発給されること

※ただし、新型コロナウイルスの感染状況により大学として留学渡航を許可できないと判断した場合や、感染症危険情報レベル、およびビザ発給状況に変更があった場合は渡航前、渡航中に関わらずプログラムを強制中止とする場合があります。

<日本政府の方針>

外務省 海外安全ホームページ(感染症危険情報)

文部科学省 留学を予定・考えていた日本人学生の皆さんへ

まだ先の見えない状況ではありますが、本当に安心して海外渡航できる日に向けて、今できるチャンスを生かし、今の努力を将来につなげてほしい、そう考え、夏休みに参加できるオンライン留学プログラムを準備しています。春休みにも多くの方がオンライン留学を体験しました。また海外提携校との共同授業COILプログラム)にも取り組んでいます。

COILCollaborative Online International Learning)は、オンラインを用いて海外の学生との協働学習を取り入れた授業です。

本件に関するお問い合わせ先

g_affairs@ad.reitaku-u.ac.jp

麗澤大学グローバル教育推進室 までメールにてご連絡ください。

※問い合わせの際には、「専攻、学年、学籍番号、氏名、用件」を記載ください。

オープン
キャンパス
予約